歴史・戦史研究「ちはら会」Drei

この会は、主にシミュレーションという手法を用いて、歴史・戦史を楽しもうという、有志の集まりです。興味ある時代をテーマに選び、図上演習(シミュレーションゲーム)を通して、文献研究では得られない「動きのある歴史」を見つめます。 「ちはら会」では、現在、会員を募集しています。年齢や資格等を問わず、興味のある方ならば、どなたでも参加できます。関心のある方は、下記にご連絡ください。 Eアドレス. chiharakai@apost.plala.or.jp (代表.mitsu)

カテゴリ: 遠征の報告

 三々五々、人が集まり始めたところで、たかさわさんのお声かけで「戦車狂騒曲」(同人)の5人戦ができることに。ちょうど、来場された国際通信社の中黒さん(!)も加わっていただき、錚錚たるメンバーでの対戦となりました。

DSCN2804
 序盤から激しい開発合戦となり、たかさわ社とmitsu社が、防御に優れた軽戦車を制式採用とします。その後も、やたらと防御力重視が多く、たかさわ社に至ってはKVⅠを投入する展開に(でも、主砲は20mm機関砲!)。

DSCN2802
 これを狙って、なかぐろ社の重防御戦車チャーチルが45mm砲で、KVⅠを撃破し、実戦証明を獲得します。その後、展開は攻撃力+機動力重視になり、ityou社がT34を開発して2回の制式採用を獲得。

 中盤から一気に頭角を現したのがケイセイ社で、やたらと大きな主砲と高い防御力で、次々と制式採用を取っていきます。128mm砲を積んだ固定砲のクロムウェル(!)とか、88mmを搭載したTigerⅡとかが大暴れし、最後の2つの制式採用を獲得し、そのまま、勝利しました。

DSCN2805
 同人とはいえ、レキシモンで製品化された「建艦競争」(バトルシップ・カーニバル)の流れを汲む一品で、みなさんの評判もよかったです。

 ここで、中黒さんが最近はまっているゲーム・グッズを披露しまして。立体化の砲撃マーカーや水柱マーカーで、ドイツ製だそうです。詳しくは「Banzai Magazine」をご覧あれ。

DSCN2806


DSCN2794
 三連休中日の日曜日に、たかさわさん主催の猿遊会に行ってきました。午前中に会場入りしたのですが、すでにこの熱気!

DSCN2795
 「グランプリin猿遊会」(レーシングゲーム)に、トラトラや「チャーチル」などの複数マルチ、「バーニング・ブルー」の複数戦、巨大なクルセイダー作戦、そして大量の塗装済みAFVをセットしたミニチュアなど、そこここで熱い戦いが。軍神さんと老害さんも、「独ソ電撃戦」(CMJ)拡張版でがっつりと対戦。


DSCN2797
DSCN2800
DSCN2798
DSCN2801
 主催のたかさわさんからのご挨拶を受け、今年の記念品アクリル・スティックをいただきました。

DSCN2796
 また、なかなか、お目にかかれない各地の方々とも交流ができるのも、猿遊会のよいところで。Troopersブログや倉敷のサークルを主催しているTOROさんと、初のリアル対面に!10年以上前からブログをきっかけにやりとりし、各種のゲームデータを交換、いつかお会いしたいですねとしていたので、ご挨拶ができてよかったです。今度は、こちらが倉敷に行きたいなぁ~。

DSCN2799
 この日にプレイしたアイテムと戦績です。


戦車狂騒曲(同人)5人戦 ☆ケイセイ社・ityou社・たかさわ社・mitsu社・なかぐろ社
PANZER WAFFE North Africa(CMJ)3戦
 ☆ドイツ軍(mitsu)対イギリス軍(奥津城)★
 ☆ドイツ軍(mitsu)対イギリス軍(奥津城)
 ★ドイツ軍(mitsu)対イギリス軍(P)☆
金門島上陸作戦(中黒ブランド) ☆人民解放軍(mitsu)対台湾軍(中黒)★


みなさま、また、来年に・・・。

このページのトップヘ