この日の緒戦は、鎌倉殿つながりで「吾妻鏡」(GJ)です。陣営は、源氏(エンジョウ)対平氏(mitsu)です。
 第1ターン、お約束の石橋山の戦いですが、源氏が奮闘し、平氏の1ユニットを撃破し、1ユニットを打ち取ります。それでも、数の力には勝てず、頼朝一行は再起ボックスへ。
 第2ターン、主導権は源氏に。源氏は武蔵の中立武将を出陣させ、すわ、ここへ頼朝登場かと思わせます。これを防ぐべく、平氏は伊豆の主力を武蔵に向けます。と、この隙を突いて、頼朝は再び、伊豆で決起します。武蔵では、平氏の伊豆勢と源氏の畠山隊の死闘となり、かろうじて平氏が勝利し、敗れた畠山を味方にします。
T2
 第3ターン、主導権は源氏。源氏は甲駿に武田勢を出陣させ、平氏を打ち破ってここを支配します。一方、主力の伊豆勢は、頼朝旗下で武蔵へ向かいます。平氏の畠山隊と激戦になりますが、数の力で源氏が勝利を収めます。これを見た武蔵の中立武将は、一斉に源氏側に靡きます(頼朝の特別ルール)。
T3
 第4ターン、主導権は源氏。が、行軍数は少なく。頼朝は武蔵の武将を大量増員すると、今度は伊豆に南下します。平氏も房総、常陸、両毛で可能な部隊を動員し、持久体制を取ります。
T4 頼朝が武蔵で大量出陣
 第5ターン、頼朝は伊豆で動員をすると、一部を持って鎌倉を攻めますが、ここは大場隊が凌ぎます。
T5
 第6ターン、京都から平氏の追討軍が登場します。源氏は史実どおり、武田勢に増援を付けて迎撃し、これを粉砕します。また、房総でも千葉勢が決起し、南下した佐竹勢と激戦となりますが、猛攻で敵を退け、ここを支配します。
T6 京から追討軍
 が、武蔵には両毛と房総からの援軍、武蔵の在地武将で、平氏が数的優位を取り、源氏を撃退します。また、鎌倉でも大場勢が決起した三浦勢を撃破し、未だ、源氏の占領エリアは3のみに。
T6終了時
 第7ターン、源氏最強の九郎義経らの援軍が登場します。ここに来て、やっと平氏のイニシアチブに。源氏は義経を武蔵に差し向けましたが、最優秀武将の畠山が奮闘し、これを撃退。後1ターンでは、関東の制圧は不可能ということで、平氏の勝利となりました。
T7 義経、まさかの敗退