BIBIさんから、午後のAARが届きましたので、掲載します。
 「テラフォーミング・マーズ アレスエクスペディション」を昼前に軽くインストを行い、午後から2戦。
 1戦目は、順調にTRを上げて行った採掘ギルド優勢かと思われたが、企業の能力を生かしたアークライトがカードの得点を積み上げて同点に。資源が1点差でアークライトさんの勝利。
ヘリオンは終始いいところなし。
 2戦目は、1戦目と違い、各企業それぞれの手を伸ばしていった。ヘリオンとトールゲートが温度をあげ、デヴテックが酸素を上げて行った。最終的にはカード上のリソースを回すエンジンで稼いだデヴテックが勝利したが、ヘリオンとトールゲートはまたもや同点という結果に。
 ヴァリアブルフェイズオーダーを採用したことで、テラフォーミングマーズの欠点の一つであるダウンタイムの長さが解消され、いくつかの要素が整理・変更されて、プレイ時間もスピーディーになりました。半面、都市の陣取りや褒章などの早い者勝ちな要素とか、隕石落としたり組合作ったりして他人にちょっかい出す要素はなくなっているので。好みのわかれるところです。
 エンジョウさん、タナックさんの感想は、「悪くはないけどテラフォーミングマーズの方が好き」といった感じでした。
ef654e38d966a5dc41b03a7a3eda538f-575x575

 続いてプレイしたのが「月面探険 宇宙兄弟スペシャルエディション」
https://oinkgames.com/ja/games/analog/moon-adventure-special-edition/
 完全な協力ゲームです。こんな感じ↓
「太陽からのすさまじい磁気嵐によって月に閉じ込められ、地球からの物資は月面に散らばってしまった。宇宙飛行士たちは酸素補給もままならない状況の中、決死の物資回収ミッションに挑む。全員で力を合わせてミッション達成を目指す協力ボードゲーム。知恵と仲間を信じて、生還せよ!」
 全員で協力して物資を回収するのですが、酸素がないと何もできないのに一人が持てるのは酸素も含めて5個まで。酸素をたくさん持っていると物資の回収ができません。物資の中にははずれがあり、遠くに行くほどはずれの確率が減るのですが、時間をかけると磁気嵐で酸素を補給できるOGS(酸素生成装置)が壊れてしまいます。全員がそれぞれ違う能力を持った役割を担当するので、それを生かしつつ、プレイする必要があるのですが、スペシャルエディションは通常の5に対して倍の数の役割があります。
image01
 1戦目は勝手がわからずにあっという間に酸素切れ(笑)
 2戦目はみんなでやいのやいの言いながら、全員で12個の資源を回収しましたが、
はずれが多く、ミッションクリア(3人だと7個)に1個足りませんでした。
 ここで、遠方から来ている人が時間切れということで、早めの17時に撤収となりました。