今月のソロプレイ第2弾は、「モスクワ'41」の続編に当たる「レッド・タイフーン」(CMJ)です。「ドイツ装甲軍団」シリーズの4作目に当たる本作ですが、システムの根本が変化しています。移動-戦闘-回復の手順は原システムのままですが、軍ごとに移動及び戦闘のそれぞれで、アクション・ポイントを消費します。当然、ポイントには限りがあり、どこに重点をおいて攻勢をかけるのか、あるいは移動で敵の後退を強いるのか、大局的な視点と決断が求められます。
 序盤は、ソ連軍が7ポイントで3方面軍半が行動できますが、途中から6ポイントに減少します。対するドイツ軍は序盤はわずか4ポイントで満足な後退さえできませんが、徐々にポイントは上昇し、最後はソ連軍と並ぶ6ポイントになります。ドイツ軍機械化部隊の優秀さを表すルールとして、移動命令を受けた装甲師団は無条件で攻撃が行えます。機械化移動による道路移動力2倍とこの移動・戦闘ルールにより、ドイツ軍装甲部隊による機動防御が可能になっています。もっとも、ソ連軍には敵の高い質を覆せる大兵力があります。
 第1ターン、ソ連軍は北西方面軍、カリーニン方面軍、西部方面軍左翼を機動させ、攻撃を行います。狙いは、延翼による戦線の拡大とそれによるドイツ軍戦線の弱体化(と後退の強要)です。つい、強力な第1突撃軍を中心とした正面攻撃をしたくなりますが、CRTが流動型であることとシステム上、予備があれば突破はできないため、このゲームでは下策です。リプレイにあるとおり、「側面を押し込めば、(主戦線は)自然と後退する」という間接アプローチが有効です。
T1S
 序盤は、ドイツ軍が可能な限りのスタックをしていることから、戦闘比は4:1が最高で、以下、4カ所の攻撃を行います。2:1の2カ所でAR、それ以外もDEはなく、DRとなります。が、第9軍の戦区で唯一、後方予備のなかった敵スタックを後退させたことで、戦闘後前進で隣にいた歩兵2個スタックを包囲します。
T1S攻撃
 ドイツ軍のアクションはわずか4ポイントのため、反撃はできず、第16軍予備、第4装甲軍、第4軍、第2装甲軍を機動させ、戦線の穴を塞ぎます。ただし、北部と南部では二重戦線は引けず、薄い防衛網です。
T1D
 第2ターン、再び、北西方面軍とカリーニン方面軍を活性化させたソ連軍は、拡大した北部戦線全域で攻撃をかけます。結果、包囲した3:1攻撃と5:1攻撃でDEとし、残りはDRで、敵の戦線が不規則後退により弱体化します。鉄道に向けた突進と平押しの2:1攻撃は、ARとAL(攻撃側のみ1ユニットロス)となります。一方、南部では西部方面軍左翼が薄い戦線を強襲し、3:1の包囲攻撃がCとなるもの、2カ所でDR3とDR4を出し、騎兵による戦闘後前進でスピニチを占領します。
T2S
 ドイツ軍は、またも全ポイントを機動に当て、戦線を後退させますが、北部マップ端とスピニチ西方は間隙を塞ぎきれず、突破口があいたままに。
T2D
 第3ターン、ソ連軍の攻勢は激しさを増します。北部では長躯、ホルムを占領すると、ヴェルキ・ルキエ方面に先駆隊が突進し、3:1攻撃でDR2として、戦線を延翼します。そこからルジャフ付近まで6カ所で総花的攻撃を行い、包囲下の1ユニットを撃破し、残りの半数をDRとします。
T3S
 ドイツ軍は即撃破のユニットこそないものの、DRで有効な戦線が引けず、徐々に鉄道線に向かって戦線が後退します。
 南部では、ソ連軍が戦線の間隙から突進し、戦線を拡大するとともに、2カ所で包囲攻撃を成功させ、2ユニットを除去します。もとよりユニット数が少ないため、ドイツ軍は装甲師団や自動車化師団も投入して、戦線を再構築せざるをえず。ただ、敵の突破口が狭いため、この側面に反撃を行い、敵の前進を牽制しようとしましたが・・・5:1でまさかのEXとなり、数少ない機動予備がさらに減少することに。
T3D 南部で反撃
 決戦部隊(機動予備)である第4装甲軍の装甲軍団は、本来、全部隊での集中運用をしたいところですが、戦線両端での危機に、やむなく軍団を二分割して、各方面に機動させます。
 第4ターン、ソ連軍の攻勢はさらに熾烈に。再び、ヴェルキ・ルキエ近郊からルジャフ付近まで全域で攻撃をかけ、1ユニットを除去し、3カ所をDRとして、圧力を強めます。
 南方では西部方面軍左翼によるガチンコの殴り合いで、正面攻撃で1個装甲師団をDEとし、包囲下の1ユニットも除去、一時的にスパス・デメンスクも占領します。
  ここで、ソ連軍はとっておきの空挺部隊を、ヴィヤジマ近郊に降下させます。これにより、第9軍及び第4装甲軍の戦線は、全て孤立状態となります。また、このターンから登場するパルチザンは、南西部の6の森林に登場します。
T4S
 この危機に、ドイツ軍は第4軍を全面的に後退させ、戦線を縮小するとともに、南部の敵の突出部に、装甲師団を持って逆襲をかけ、一部の敵を後退させます。
T4D 機動反撃
 第5ターン、数を恃むソ連軍の攻撃は続き、北部の6:1攻撃でDEを出し、その他でもDRで戦線を押し込みます。北部の中央付近の突進で、ヴェルキ・ルキエに続き、ドイツ軍のVP地点のネリドヴォも陥落します。
 また、敵が孤立状態となっている中央付近では、はじめて西部方面軍右翼が攻勢に出て、2カ所で戦線を押し上げます。
 そして、最大の戦果は南部で挙がりました。前ターンに反撃に出てきたドイツ装甲部隊に対し、可能な限りの兵力をかき集め、6:1攻撃を仕掛けます。drにも恵まれ、機械化2個師団が壊滅します。
T5S なおも数を頼んだ攻勢
 前面に強力なソ連軍、後背に連絡路を遮断する空挺部隊と、ドイツ軍はかなり危機的な状況に陥ります。決して潤沢とはいえないアクション・ポイントをかき集め、第4軍の歩兵で敵の空挺部隊を包囲し、これを除去します。
 また、南方では包囲下に置かれた1個装甲師団が、外部の歩兵との連係攻撃で、なんとか脱出に成功します。同時に、敵の集中するスパス・デメンスク周辺を避け、兵力の少ないその南方で牽制攻撃を仕掛け、これを成功させます。
 北部では、ヴェルキ・ルキエの奪還を目指し、やっと到着した装甲師団で敵の側面に攻撃をかけ、後退させます。
T5D
 両軍がともに攻撃と反撃を繰り返す激しい戦いの中、第6ターンはさらなる混戦に。北部では、ヴェルキ・ルキエ近郊で反撃に出たドイツ軍に対し、ソ連軍は後方から部隊を送り込んで再反撃に転じ、側面を支えている1個歩兵師団を殲滅します。北部中央付近では予備もおけないギリギリの敵戦線に対し、ネリドヴォ攻略の勢いのまま、ベーリィを目指してラッシュを掛けます。
 ドイツ軍の限定反撃を受けた南部ですが、兵力状況は自軍が有利と判断したソ連軍は、敵の牽制には目もくれず、逃げ遅れた装甲師団を包囲殲滅し、要衝ブリヤンスクへの道を開きます。また、さらなる西方への前進のため、側面に食い込んでいる歩兵師団を最高比率の攻撃で後退させます。
T6S ソ連軍がさらに攻勢
 猛烈な重圧に耐えかねたドイツ軍は、やむなく反撃を中止し、戦線の整理と拠点防御に切り替えますが・・・。
T6D
 第7ターン、完全に主導権をものにしたソ連軍は、北部の2個軍と西部方面軍左翼にアクション・ポイントを集中し、大攻勢に出ます。いまや主攻勢となった南部で、パルチザンを投入してスモレンスクを占領。さらに、要衝ロスラウリにいた装甲師団を包囲殲滅。最後は、ブリアンスク前面の自動車化師団も粉砕するという、ゲーム中最大の戦果となります。
T7S スモレンスク攻撃
 一方、北方でも3カ所の戦闘全てを成功させ、ソ連軍のVP地点ベーリィを陥落させます。
 ドイツ軍は装甲師団の集中攻撃で、北部ヴェルキ・ルキエの近郊で包囲された歩兵師団を救出します。が、北部中央付近の突破口は埋まらず、ムチェンスクからビリヤンスクまで薄い戦線を引くのがやっと。
T7D 北部の攻防
 第8ターン、北部で塞がれなかった突破口から、ソ連軍の快速部隊が突進し、4カ所でドイツ軍を包囲します。全てを3:1以上としたことで、逃げ場を失った4個師団(装甲1個師団を含む)が壊滅し、もはや戦線構築は不可能に。
T8S ソ連軍の集中攻撃がドイツ軍の質を上回る
 南部でも、ロスラウリを落とした3個軍団がスモレンスクの包囲体制をとります。ブリヤンスク方面では、最後の装甲師団を包囲殲滅し、正面からの2:1攻撃を敢行します。これが決まっていれば、ブリヤンスクの失陥は確実でしたが、第2装甲軍の歩兵が踏みとどまります(戦闘結果はC)。
T8S ブリヤンスク方面の攻勢
 ドイツ軍は効果的な戦線構築を放棄し、次ターンに敵の移動を阻害する遅滞戦術に切り替えます。これにより、ヴィテブスクの攻略は不可能になります。唯一の反撃は、スモレンスクに立てこもるパルチザンで、包囲によりこれを除去します。
T8D スモレンスク奪還
 ソ連軍はこれだけ押しているものの、中央部のドイツ軍VP都市が健在のため、VP的にはほぼ拮抗している状況です。
T8D
 最終第9ターン、もはやVP地点以外には目もくれず、ソ連軍は占領した地点の死守と敵のVP地点の奪取に全力を注ぎます。
 まず、要衝スモレンスクの装甲師団に包囲攻撃をかけ、これを撃破し、南部市街地を占領します。続いて、北部のドイツ軍の防衛拠点ルジェフに1:1攻撃を掛けますが、さすがにこれはARに。
T9S 第二次スモレンスク攻防戦
 最後は、南部2カ所での猛攻で、ムチェンスクを奪取します。さらに重要拠点ブリヤンスクを2:1で強襲します。これが決まれば、ほぼ勝負は確実でしたが、今や歩兵だけとなった第2装甲軍が粘りを見せ、ここを死守します。ソ連軍ターンが終わった時点で、VPは3点差に。
T9S 南部の要衝攻撃
 栄光のドイツ国防軍は、あり得る全戦力をかき集めると、反撃に出ます。スモレンスクを奪還できれば逆転勝利で、ヴェリシとスパス・デメンスクの奪取ならば同点で規定によりドイツ軍の勝利でしたが・・・全てが2:1以下という厳しい攻勢条件を覆せず、ARに。この瞬間、ソ連軍の勝利が確定しました。
T9D 奇跡を信じて反撃するも・・・
 「ドイツ装甲軍団」のシンプルさはそのままに、アクションポイントというリソースを導入しただけで、高い戦略的思考を要求する秀作となりました。これに空挺降下とパルチザンによるランダム性が加わり、リプレイアビリティも抜群です。これこそ、まさに対戦向けアイテムでしょうね~。

終了時