続いて、以前からプレイ準備を進めていた「ワース・ブレイド操兵エクスパンションキット」(HJ)です。その名の通り、90年代に人気を博したロボット・ファンタジーの「ワース・ブレイド」の操兵の戦いを描いた戦闘級アイテムです。元がロール・プレイング・ゲームのエクスパンションということで、格闘戦ゲームとしては、比較的にルールはやさしめです。 
DSC01891
T0
 プレイヤーは、オリジナルキャラになって、操兵戦を戦います。操兵にはBからJまでのランクがあり、駆け出しの状態では、操兵を操ることも一苦労で、せっさくの性能を引き出せないことも。特に、意思を宿した「仮面」との相性チェックに失敗すると、全く、操兵が動いてくれないことも(!実際、第二戦目がそうでした)。
 第一戦は、最初級のJランクのラビオーグ(BIBI)対Iランクのグリッド・パイカー(mitsu)の戦いです。ラビオーグは最も廉価な従兵機で、全てにおいてグリッドに劣ります。特に、速度(IN値にそのまま影響)はグリッドに-3の劣勢です。
 両者は、真っ直ぐに接近すると、正面からの戦闘に入ります。ラビオーグ(BIBI)が先手を取って、攻撃をかけますが、これは難なくラビオーグに躱されます。
 と、グリッドがサイドステップで、敵の背後をとります。次ターンのイニシアチブは、ともに「0」を出して、グリッド!満を持した星球棍が敵に炸裂しますが、ここで、ラビオーグがまさかの絶対失敗!装甲の薄いところを痛打され、一気に17ヒット。さらに、追加ダメージで、筋肉筒にも損害が出ます。
真後ろからの攻撃にまさかの絶対失敗!
 なんとか、挽回したいラビオーグはINロールで「0」を出しますが、グリッドも「0」で、今回2回目の完全成功を横取りされます。
 そのまま、連続打撃を受け、完全試合で、グリッドが勝利します。
撃破!
 第二戦は、BIBIさんが機体を乗り換えて、Hランクのキードラ・マーフ・ジニ(BIBI)対Iランクのグリッド・パイカー(mitsu)の戦いです。キードラは速度8で勝るもののパワーが3と低く、グリッドは速度は6ながら、パワーは6と当たれば、強力です。耐久力は共に35です。ここで、仮面の同調チェックをキードラが失敗し、ウンともスンとも動かず。このままでは、ゲームにならないので、成功に見立てて対戦へ。
 接近した両者は、戦闘に。IN値が高いキードラが先制攻撃をしますが、グリッドがギリギリで躱します。と、やはり、隙を突いて、グリッドがキードラの背後へ。
 次ターン、キードラが先に反応できる確率の方が高かったのですが、先手はグリッド!背後から星球棍を見舞い、13ヒットを与え、キードラの右脚の血管を破裂させます。
再び、背後を取る
 キードラは「交換」行動によって右脚の閉鎖も考えましたが、IN値が減ることを嫌って、あえて放置します。
 その後、両者は足を止め、正面からの殴り合いに。キードラが華麗な高速攻撃で、10ダメージを2回、与えます。グリッドの左脚からも血液が噴き出しますが、強引な機動で背後をとり、LUCポイントを投入して、次ターンの主導権を奪って、先制攻撃に成功します。グリッドは星球棍を振りかざすと、2つめのLUCポイントを投入し、必殺の一撃を見舞います。キードラもLUCポイントを投入し、必死の防御するも、ギリギリで躱せず、14ヒットを喰らいます。これに操縦ミスが重なり、唯一の武器である鎚矛を落としてしまいます。
 慌てて矛を拾うキードラに対し、グリッドの一撃が炸裂します。ここが勝負とキードラも最後のLUCポイントを防御に使用しましたが・・・ああ、まさかの絶対失敗!(1/100の確率!)慌てたキードラは脚をもつれさせて転倒し、5ダメージを喰らって、自爆しました(笑い)。う~む、どうも、BIBIさんはここ一番で、絶対失敗を呼び寄せるワースがあるようで??
まさかの絶対失敗
  第3戦は、グレードアップして、Fランク同士(狩猟機)の操兵戦に。F級としてはほぼ最良で高速が売りのラジ・ドアーテ(BIBI)対バランスのいいジャハン・ドログ(mitsu)の戦いです。
 接近した両者は、共に攻撃を選択。速度の差が物をいい、ラジ・ドアーテが先制し、強力な一撃をジャハン・ドログに見舞います。10を超える打撃に、追加ダメージ判定に。drは・・・仮面の破壊!なんと、狙い澄ました一撃で、ドアーテが速攻勝利に。
 
一撃で仮面破壊
 あっという間に終わったので、そのまま、第4戦に。なんとか、一矢を報いたいジャハン・ドログですが、速度差3はいかんともしがたく、一方的にドアーテに攻撃を食らいます。そのうちの一撃が冷却水容器を直撃し、ものすごい蒸気がドログから噴き出します。
 このまま、放っておいて逃げ廻れば、ドアーテの判定勝ちでしたが、果敢にもドアーテは打撃戦に。一瞬の隙を突き、ついにジャハン・ドログが攻撃を成功させましたが、この直後にオーバーヒート!全身から蒸気を噴き出し、完全停止となりました。
R4
 延べ4戦をしましたが、プレイ時間自体は、全部で1時間半程度と手頃でした。RPG用だけあって基本ルールはシンプルで、1/10の確率で発生する完全成功と絶対失敗、そこから起こる操縦ミスや機体ペナルティが多様な変化を引き起こし、実に面白かったです。用意された操兵種も60種類以上あり、機体を選ぶ楽しさも魅力です。
 今度は上級選択ルールや成長ルールを入れて、やってみたいです。二人で経験を上げていく「一騎打ち」や武者所修行の「野試合」、野盗が襲いかかる「襲撃!」、何人でも参加できる勝ち抜き戦の「操兵闘技大会」、そして、唯一のヒストリカル・シナリオ「激戦!帝都リ・ラズルの戦い」。ワース・ブレイドに興味のある方がいれば、インストしますよ~。