今月のソロプレイは、「猛虎三国志」(SLGamer)です。SLGamerという同人誌掲載のため、クォーターマップにわずか40ユニットというミニゲームですが、合戦の楽しさ満載で、実にプレイしがいがあります。
T0
 合戦は先鋒戦・中堅戦・大将戦を戦い、うち、2戦をとった側が勝利します。原則、武将を投入できるのは1回のみなので、どの順で誰を投入するのか(軍師で誰を補強するのか)、頭を悩まします。
  武将は采配-武勇-防御を持ち、采配値が高い側が先制攻撃ができます。攻撃は武勇+drで敵の防御値以上ならば成功します。例えば、標準的な4-4-8同士(夏候惇や太史慈、張遼)の戦いだと、drで先攻を決定し、攻撃はともに1/2の確率で成功します。これが呂布相手だと、呂布の攻撃は5/6で成功しますが、夏候惇の攻撃は1/3の成功となります。ちなみに、呂布と関羽が戦うと、関羽が先手を取って1/2の確率で成功に、それに耐えると呂布が2/3の確率で勝利します。
 武将には軍師1名が助太刀でき、その能力を武将に加算できます。序盤最強の周瑜は全てに+3と、まさに呉軍の屋台骨です。その他の軍師は人材登用で登場し、+1-+2という並の能力から、+3-+4の陸遜や郭嘉、+4-+5の司馬懿や龐統、+6の諸葛亮(!)までがランダムにやってきます。なお、諸葛亮については、劉備なら無条件ですが、それ以外ではdrによって参加しなかったり、曹操や呂布には決して靡かない(!)ルールとなっています。
 なお、各武将は在地主義を取っていて、あるエリアを占領されると、そこに所属する全ての武将は相手に寝返ります(君主は死亡)。これがあるため、エリアの争奪戦によって、人材が大きく動き、ゲームの活性化に寄与しています(かつ、歴史的にも正しい)。
 今回は、最大11勢力(ミニゲームでこれが成り立つのが凄い!)によるキャンペーンです。各勢力が減って史実の「三国志」になると、千日手になりやすいので、10ターンで終了とし、最大のエリア数を確保した勢力が勝ちとします。
 第1ターン、先手を取った側が激しい攻撃で、隣接する勢力を従えていきます。まず、一番手の曹操が荊州を攻めて劉表を滅ぼし、魏延や黄忠を配下に置きます。
T1 曹操が劉表を殲滅
 二番手の呂布は、戦闘準備の整っていない冀州を攻め、なんと袁紹を殲滅してしまいます。
T1 呂布が袁紹を殲滅
 続いて、李傕が無理を承知で呂布攻めをしますが、地力が足りずに敗退。劉璋は、人材が整わないため、カードを温存し、益州に籠もります。
 六番手の孫策は、中央への進出を狙って、淮南に侵攻し、袁術を滅亡させます。
 七番手の馬騰は、益州攻めをしますが、地の利がなく敗退(山地越え)。
 九番手の公孫瓉は、呂布を攻め、奇襲を受けるものの、趙雲・田豫のコンビが呂布に打ち勝ち、そのまま、冀州を奪い取ります。
T1 その呂布を公孫瓉が撃退し、冀州を奪う
 十番手の劉備は、人材を待って、徐州に引きこもります。
 第1ターンが終了した時点で、劉表、袁紹、袁術が滅亡し、8勢力となります。
T1
 第2ターン、一番手の曹操が取ったばかりの荊州から揚州を強襲します。火計を使って一気に攻めまくりますが、孫策がこれを看破。それでも、地力で曹操軍が押していましたが、当て馬のはずの黄蓋が奇跡の6で曹操本隊を破り、防衛に成功します。
T2 曹操、孫策を攻めるも敗退
 孫策も反撃で荊州を狙いますが、こちらは曹操軍が耐えて保持します。
 これを見て二番手の呂布は、曹操の本拠豫州を攻めますが、伏兵にあって、敗北。
 そこを公孫瓉に攻められ、先鋒戦は呂布が勝利したものの、中堅戦・大将戦を落とし、呂布が滅亡します。
T2 公孫瓉が、呂布を殲滅
 三番手の李傕は、人材登用で諸葛亮を引いたものの、朝敵には与しないと、すげなく断られます(絶対失敗)。
 四番手の劉璋は、作戦カードが入ったため、馬騰を攻撃。山地越えの不利はありましたが水攻が見事に決まり、馬騰を滅亡させます。
T2 劉璋が水攻めで、馬騰を殲滅
 八番手の劉備は、孫策の淮南を攻め、これを占領します。
 この時点で、馬騰、呂布が滅亡し、6勢力となります。
T2
 第3ターン、曹操はなおも揚州を攻めますが、孫策がギリギリで凌ぎ、滅亡を免れます。孫策は反攻で荊州を攻め、これを奪取します。
T3 孫策が反攻で荊州を奪取
 曹操は、本拠地に兵を戻し、再反攻に備えますが、呂布を滅ぼした公孫瓉が一気に南下。離間の計で頼りの軍師が使えない曹操軍を撃破し、ここを占領。曹操、ついに滅亡す。
 第3ターンが終わった時点で、残りは5勢力になり、公孫瓉が4エリアを占領し、トップに。
T3
 第4ターン、天はさらに滅亡の火を掲げ、中原の覇者候補を三国に絞ります。いまだ、人材とカードに恵まれない李傕を、昇天の勢いの劉璋が攻撃し、見事に成功!李傕は滅亡します。
T4 劉璋が李傕を殲滅
 孫策は淮南を取り返し、荊州・淮南・揚州の南部を固めます。
 そして、最大勢力となった公孫瓉が徐州の劉備を攻撃。水攻対伏兵の激戦は・・・公孫瓉軍の勝利に。これで劉備も滅亡します。
T4 公孫瓉、劉備を撃滅
 公孫瓉、孫策、劉璋による新「三国志」が始まります。
T4
 第5ターン以降、最大勢力の公孫瓉を孫策・劉璋の連合軍が攻める展開に。公孫瓉は劉璋の攻めを空城の計で躱しますが、カードが尽きたところを孫策に攻められ、豫州を失います。が、かわりに優秀な人材で司隷を攻め、これを奪います。
T5 公孫瓉、司隷を攻略
T5
 第6ターン、劉璋が離間の計で公孫瓉の軍師を封じ、司隷を奪還。孫策が徐州を攻めますが、今度は公孫瓉が離間の計でこれを保持。最後に、公孫瓉が再び、司隷を攻めますが、馬超らの活躍により、再奪取はならず。
T6 劉璋・孫策対公孫瓉
 第7ターン、先手の劉璋が司隷から冀州を攻め、これを奪取。同時に孫策は第二次徐州戦を仕掛け、水攻でこちらも成功させます。絶体絶命の公孫瓉は、火計を看破されるも、趙雲らの活躍で冀州を取り返します。
T7 孫策が水攻で徐州を攻略
 この時点で、孫策5エリア、公孫瓉と劉璋が3エリアに。
T7
 第8ターン、事態が大きく動きます。劉璋が攻めて失敗した冀州を、孫策が満を持して攻撃。孫策の奇襲に対して、公孫瓉も火計で対抗しますが、采配で+3の周瑜と程昱が作戦を指導し、公孫瓉軍を撃破。公孫瓉は幽州に閉じ込められます。
T8 孫策、冀州を攻略
 支配エリアは、孫策6エリア、劉璋4エリア、公孫瓉1エリアに。
T8
 終盤の第9ターン、このままだと勝てないと判断した劉璋は、同盟を破棄して孫策に襲いかかります。伏兵が成功し、荊州を奪い取ります。
 怒り心頭の孫策軍でしたが、まずは公孫瓉の撃破と北に兵を進めます。が、カードを使い果たしていたため、通常戦で苦戦。公孫瓉軍が奇跡の6を出して、生き残ってしまいます。
T9 孫策、公孫瓉を殲滅できず
 すかさず、趙雲を先頭にした反撃部隊が南下し、火計で孫策軍を蹴散らし、冀州を奪います。
T9 公孫瓉の反攻
 勝利まで後一歩まで行っていた孫策(4エリア)はエリア数で劉璋に逆転されます(5エリア)。
T9
 最終の第10ターン、劉璋は先手を打って豫州を攻撃し、離間の計でこれを奪います。孫策軍も荊州を取り返し、エリア数は同じまま。
T10 劉璋が豫州を攻略DSC01649
 もはや勝利はない公孫瓉でしたが、いずれかに勝利させるのは癪だと、精鋭を持って帝都司隷を攻めます。が、ここで、劉璋はとっておきの空城の計!これを看破できなかった公孫瓉軍は撤収し、ゲームエンド。
 結局、5エリアを保持した益州の太守劉璋が、勝利しました。
T10 劉璋の勝利
 いやー、ソロでしたが、面白かった!作戦カードがあれば、圧倒的に有利ですが、それを無効にする看破や対抗作戦があり、戦力の読み合いに力が入ります。そして、圧倒的に不利な局面でも、まさかの6(自動的勝利)で流れが一気に変わることも。ミニゲーム故の絞り込みが劇的展開を生みやすくしており、手軽にできるキャンペーンとして「三国志覇王」(翔企画)に並ぶ傑作かも。ちはら会例会に持ち込みますので、大人数でやってみたいですね~。