この日、茨城会の水戸爺さんと対戦予定をしていたのが、「マンシュタインの切り札」(CMJ)でした。このアイテムは、yagi会長とテストプレイをしたことがあり、久々の対戦となります。
DSC01580
 第一戦は、ソ連軍(mitsu)対ドイツ軍(水戸爺)でスタート。第1ターン、ソ連軍はスラビヤンスク付近を突破すると、一路、ドニエプルペトロフスクを目指すように見せかけます。
T1
 これに対し、ドイツ軍は早々に反撃を開始しますが・・・これは誘い水でした。敵の装甲師団が集結した側面を突き、これを間接包囲。正面からの打撃と合わせて、3個装甲師団を屠ります。
 第2ターン、南端への回廊を確保し、南東からの敵増援を封じ込めると、優勢な戦力でドイツ軍の北部戦線を痛打。ドイツ軍も増援を投入して、なんとか突破を防ぎますが、足を止めて守りに入ったことが災いし、高比率攻撃-戦闘後前進による包囲-退路を断って殲滅という負の連鎖に陥り、こちらも損害がうなぎ登りに。もはや、戦略的な反攻は不可能ということで、ソ連軍の勝利となりました。
T2
 第二戦も、同じ陣営で再戦に。第1ターン、ドイツ軍は全軍移動カードで組織的に後退し、一部を除いて主戦戦はスタック防御に成功します。
 これに対してソ連軍は、防御力の低い北部の歩兵スタックを狙って揺らぎを作り、敵が装甲師団をバラしたところで正面からの高比率攻撃を見舞います。3カ所で6:1攻撃を行いましたが、全てでDE(!)の結果に。
T2 イワンの猛攻
 北部戦線は実質上、破綻し、ドイツ軍は歩兵部隊を犠牲にしながら、マップ南方に戦線を引くしかなくなります。
T2終了時
 第3ターン、ソ連軍は全軍を動かすカードを使って、戦線を整えると西方から大量の突破を行います。ドイツ軍も南方で反撃を開始しますが、刻すでに遅し。ソ連軍のサドンデス条件を回避できなず、終了になりました。
T3
大突破
 近いうち、某雑誌に投稿しますが、切り札シリーズは、部隊数もカード数もギリギリまで絞られていて、シンプル故に一手一手が非常に考えさせられる作品です。最善を尽くしても、戦闘drによって展開が大きく変わり、選択肢の多さに悩みは付きません。わかりやすく奥深い、このシリーズは名作といってよいでしょう。