続いて、「田原坂の戦い」(WGHB)からキャンペーン・シナリオです。ターン数は、第16ターンで、政府軍が補給下の15へクス以上の街道を支配していれば、勝利となります。薩摩軍も第5ターンまでに補給下で高瀬を占領していれば、サドンデス勝利になります。
 展開としては、当初、薩摩軍が攻勢をかけ、高瀬占領は無理としても、可能な限り街道沿いの支配地域を広げます。政府軍は増援でそれを凌ぐと、第8ターンから陣地の地形効果を無効にする抜刀隊を投入し、反撃を行います。戦力差は大きく、いずれは薩摩軍が敗退するでしょうが、最終ターンまでどこまで守り切れるかが、勝敗を分けます。
T0
 第1ターン、特別ルールで行動のできない政府軍を、薩摩軍の前衛が急襲します。木葉にいる政府軍を3:1でD1としますが、勢いに乗って行った第二次攻撃は戦果なしに。
T1SA1
 第2ターン、政府軍は大量の増援を受け取ると、高瀬を中心にしながら、可能な限り、前衛で防衛線を張ります。
T2G
 薩摩軍は、主力を集中し、中央から南側で攻撃をかけますが、戦果は低く、敵を後退させるに止まります。
T2S
 第3ターン、政府軍は北部の薩摩軍が突出したのを見逃さず、限定反撃をかけます。包囲下の4:1攻撃が順当に成功となり、初の損害はなんと薩摩軍となります。
T3G
 怒り心頭の薩摩軍は、北部と南部で攻撃をかけ、北部では渡河攻撃でD2を出して、敵の1ユニットを除去します。南部では、3:1攻撃でD1を出し、隣接へクスが包囲されるため、後退を嫌った政府軍はステップロスで凌ぎます。が、肝心の3:1攻撃は、まさかのARに。
T3S
 第4ターン、前ターンに4ユニット、このターンに5ユニットの増援を受け取った政府軍は、早くも全面反攻に出ます。北・中央・南で同時攻撃をかけ、中央こそ膠着となるものの、南ではD3と大きく敵を後退させます。そして、北の4:1で、望外のDE(!)で2ユニットを除去します。
T4G
 3ユニットを失いイニシアチブを維持できない薩摩軍は、早くも防御態勢に。敵の反攻を遅らせるために、牽制攻撃を中央部で行いますが、ああ、これがまたもARとなってしまいます。
T4S
 第5ターン、政府軍の攻撃は猖獗を極めます。まだ、抜刀隊が登場しないにもかかわらず、北部では陣地に籠もる薩摩軍にD1を与え、陣地をステップロスさせます。中央部での2:1攻撃、空の陣地に対する6:1攻撃、南の2:1攻撃の全てが成功し、戦闘後前進により、薩摩軍2スタックが補給切れに。
T5G
 薩摩軍はなんとか補給切れの部隊に連絡を付けようと、2:1攻撃をしますが、ああ、三回連続のARで、救出ならず。
T5S
 第6ターン、政府軍は北から南まで4カ所の総花的攻撃を実施し、包囲下の2ユニットを除去します。
T6G
 体勢を立て直した薩摩軍が、再び、解放のための反撃を行いますが、南部では4回目のARと膠着により、まったく、めどが立たず。
T6S
 第7ターン、政府軍は包囲の手を緩めず、攻撃を繰り返し、北部の部隊を陣地ごと壊滅させ、南部でも1ユニットを除去します。さらに戦闘後前進で、1ユニットを包囲する怒濤の勢いです。
T7G
 薩摩軍はやむなく中央から部隊を引き抜いて、北部の政府軍に2:1の包囲攻撃かけますが、戦果は1ユニット(後退不能によるステップロス)のみに止まります。薩摩軍はすでに7ユニットと2つの陣地を失い、相当、厳しい状況に。
T7S
 第8ターンは、決定的な転換点となります。北部で包囲下においていた薩摩軍1ユニットを、政府軍は5:1の高比率で攻撃してこれを除去。2へクスの戦闘後前進により、来援に来た薩摩軍の2スタックを、丸々、補給切れにしてしまいます。
T8G
 これに対応するため、薩摩軍は中央部と南部の2ユニットを急ぎ、北部に向けようとしますが・・・。
T8S
 第9ターン、政府軍は切り札の抜刀隊を投入し、D2の戦果で高地の陣地を抜きます。南部でも、足止め部隊にD3の結果を与え、山岳奥地に後退させ、事実上、無力化します。これにより、薩摩軍の4スタックが補給切れに。
T9G
T9
 第10ターン、政府軍は手を緩めず、包囲下の部隊への攻撃を行います。薩摩軍はもはや組織的な行動はできず、一部の部隊で街道上を封鎖するのが精一杯です。
T10G
 第11ターン、政府軍の猛攻により、殲滅戦に。北部で2カ所の包囲攻撃、中央の1カ所での攻撃により、3ユニットが壊滅します。南部の4:1こそD1となるも、高地への後退のため、これも補給切れに。
T11G
 第12ターン、政府軍は残った包囲環を締め上げ、さらに3ユニットを壊滅させます。
T12G
 第13ターン、かろうじて占領を防いでいた田原坂の1ユニットが包囲攻撃により壊滅。北の高地で抵抗していたスタックも崩壊し、薩摩軍に残されたのは補給切れの3ユニットのみ。
 残りのターンで、薩摩軍の全滅と街道の完全制圧は確実となったため、ここで終了としました。
T13G 薩摩軍の全滅必至
 いやー、かつてないほどの薩摩軍の大崩壊でした。第3ターン以降の薩摩軍の攻撃が不調続きだったこと、政府軍の増援が早期に登場し、かつ、反撃のdrが冴えまくったことが原因でしょう。事前のソロ演習では、これが逆になって、木葉を薩摩軍が守り切って勝利したこともあり、決して一方的ではないと思いますが、振れ幅は大きいかもしれません。
終了時
 いずれにしろ、幕末維新アイテムの達成率が90%を越え、残りは2アイテムとなりました。新年には是非、プレイして、2ジャンル目の完全制覇をしてみたいと思います。ポイントは、対戦に4人が必要な「幕末京都騒乱」(GJ)かしら。プレイ準備をしてインストもできるようにして、新春のちはら会に持ち込むか?!