今月のソロプレイ第7弾は、「装甲騎兵ボトムズ」におけるAT戦闘を描いた「VOTOMS TACTICS」(CMJ)のシナリオ「逆襲」です。「装甲騎兵ボトムズ」は未だに根強い人気を誇る80年代のリアルロボット・アニメですが、最近になってこの新作が出ました。売り文句は「むせるゲーム」でして。実は、プロット版を千葉会でデザイナーさんとプレイしたこともあります。
T0
 システムの肝は、毎ターン、3つのアクションをプロットすることです。アクションには低速・中速・高速での前進・後進に、停止があり、高速移動以外では攻撃ができます。
 攻撃は射撃戦と格闘戦で、射撃戦は距離を元に各武装の命中値以下が出れば、あたりです。ダメージは武装によって色分けされており、ヘビーマシンガンは近距離だと2ダメージ、中距離以上は1ダメージに、ロケット系は全て2ダメージ、ミサイル系は3ダメージになっています。格闘戦は隣接へクスにのみに行え、大抵は2ダメージですが、パイルバンカーは3ダメージで、命中drによってはATが転倒します。
 ターンの始めに3つのプロットを行うため、敵の動きを読むことが重要になります。うまくいけば、有利に攻撃が行えますが、読み違えると一方的に攻撃を受けることも。
 今回のシナリオは、練習用のソロで「逆襲」です。治安警察に包囲されたキリコが、即席のRSCを使って、突破していくというもので、プレイヤーは5両以上の装甲車を倒して、マップ奥に到達すれば勝利です。
 システム習熟をかねて、早速、プレイしてみます。第1ターン、左翼の敵に狙いを絞り、ローラーダッシュで接近すると、ヘビーマシンガンを撃ち込みます。drもよく、2発が命中して、1両目が炎上します。
T1 1st
 第2ターン、中央部の敵を制圧すべく、中速前進×2と停止攻撃をプロットします。第1アクションフェイズ、遮蔽物から飛び出したRSCは正面の車輌に向かって発砲します。1発を命中させるものの、敵の反撃で2発が命中し、2ダメージを受けます。
T2 1st 2発を喰らう
 第2アクションフェイズに正面の敵を撃破し、第3アクションフェイズに右翼の敵を2連ミサイルで吹き飛ばしますが、敵の遠距離攻撃がクリティカルヒットになり、2ダメージを受けます。これで、あと1HPしか残っていません。
T2 2nd 2両目を撃破も、さらに1ヒット
 第3ターン以降、もはや後がないので、1両ずつとのみ撃ち合うように、慎重にRSCを進めます。
T3 1st
 第4ターン、足を止めてヘビーマシンガンを撃ち込み、遠距離攻撃で最終封鎖部隊の1両を撃破します。
T4 3rd
 第5ターンは、前進の脅威となる中央の隘路の敵を、ソリッドシューターで破壊。
T5 1st
 これで、撃破の勝利条件を満たしたので、そろりそろりと前進し、左翼奥にいた車輌と撃ち合いますが・・・第6ターン、ついに銃撃を受けます。これが、ATの装甲を貫通し、キリコ戦死。
T6 3rd RCS撃破さる
 ああ、治安警察をなめると、酷い目に合うことがわかりました。しかし、緒戦でシステムに負けるとは・・・このままでは終われないので、第2戦に。
 複数車輌との撃ち合いは分が悪いと学んだので、可能な限り、敵車輌と1対1となるように心がけます。
 第1ターン、まず、左翼最前線の車輌に向けて高速移動をし、ローラダッシュをしながら2回の射撃を行います。
T1プロット
T1
 これが、drに恵まれ、作戦通りに1両目を撃破します。
 第2ターン、続いて一度、左回廊に飛び出し、正面奥の車輌に損害を与えます。
T2 2nd
 その後で、向きを変えて、中央の車輌の攻撃に向かいますが、これははずれに。治安警察も機関銃射撃を行いますが、こちらも当たらず。
 第3ターン、先手を取ったRSCは隣接へクスに接近すると、必殺のアームパンチ!これが命中して、2両目を破壊します。
T3 1st アームパンチで撃破
 第3アクションフェイズで、遮蔽物を利用しながら、再び、左回廊に飛び出します。
 第4ターン、停止による精密射撃で、損傷していた3両目に引導を渡すと、再び、中央部へ。第5ターン、前衛の装甲車を視認すると、精密射撃を連続し、これを撃破します。
T4
T5 中距離で4両目を撃破
 第6ターン、物陰に隠れている敵に対し、死角から飛び出して、アームパンチ。これがまたも命中し、5両目もスクラップに。これにより、撃破の条件は満たしたので、中央の突破準備に入ります。
T6 アームパンチで5両目を屠る
 第7ターン、ローラーダッシュを繰り返し、最終封鎖部隊の1両を視界に収めると、急停止。そこから繰り出される精密射撃で、確実に命中弾を与え、6両目を撃破します。敵の射撃は奇跡的に当たらず、ここまで弾薬切れもなく、無傷です。
T7 封鎖部隊の1両を撃破
 第8ターン、微速前進をしたRSCは最終封鎖部隊の2両目と、激しい撃ち合いを展開します。先手を取ってヘビーマシンガンをたたき込むものの、初の弾薬切れに。第2アクションフェイズに急遽、リロードして、一発を命中させますが、敵の反撃でついに1ダメージを受けます。
T8 弾薬切れに初損害も、HM攻撃
 第9ターン、なんとしても早急に敵を撃破したいRSCは、停止射撃をプロットして、のべ7両目となる装甲車を破壊。最後の障害を取り除くべく、微速前進で遮蔽物から飛び出します。
DSC01033
 第10ターン、これで片を付けると、RSCはロケットランチャーの一斉射撃を実行。無数のランチャーが火を噴きながら、最後の封鎖部隊を捕らえ、炎上!これにより、次ターンでの突破が確実になったため、終了としました。
DSC01034
 今回はかなりdrに恵まれた感があり、延べ8両の敵車輌を撃破し、かつ損害もわずか1ダメージで済みました。前回、敗北しているので、勝ててよかった~。