今月のソロプレイ第2弾は、続いて、「熱闘12球団ペナントレース」(同人)の2020年日本シリーズです。先日のパリーグのクライマックスシリーズの勝者福岡ソフトバンクホークス対セリーグ覇者の読売ジャイアンツの戦いです。
  ソフトバンクホークスは、グレードAとB が10人(!)という驚異的な投手力に、周東の機動力、3割4分越えの柳田、一発のあるグラシアルにデスパイネなど、様々な形で得点を取れる魅力があります。クライマックスシリーズでも、周東の盗塁に、中村晃のタイムリーやディパイネの一発、MVPを取った柳田の活躍があり。それを強力無比な投手陣が支え、2勝2引き分け(!)という、「負けない野球」で日本シリーズに駒を進めました。
 一方の読売ジャイアンツは、ペナントで盤石の優勝を決め、クライマックスシリーズがなかったために、そのまま、日本シリーズへ。先発菅野に、リリーフの中川がグレードA&C(!)で、1名のA投手、7人のB投手と、こちらも相当、強力な投手陣です。打撃も、3割バッターはいないものの、長打のある坂本、丸、岡本の主軸に、2割7分以上のバッターが並び、平均打率はソフトバンクを上回ります。
 第1戦は、巨人のホーム扱いの京セラドーム大阪で、千賀(グレードA)対菅野(A&C)のエース対決です。
DSC00427
 序盤、先制したのはソフトバンクです。1番周東がヒットで出塁すると、すかさず盗塁。3番中村が四球の後、絶好調のギータがタイムリーで返して、先制。ツーアウトから6番栗原が2点タイムリーツーベースで、3対0とします。
柳田タイムリー
 3日裏、巨人は1番吉川がツーアウトながらヒットで出ると、こちらも盗塁。動揺した千賀から、2番の伏兵松原がツーランホームランを放って1点差とします。
G 松原
 その後、両投手とも立ち直り、ランナーを出しながらも要所を締めます。が、7回表、代打のディスパイネが値千金のソロHRで、4対2とソフトバンクが突き放します。
 ここから鷹の強力救援陣がフル稼働し、嘉弥真-森のリレーで締めて、ゲームセット。ソフトバンクが先勝します。
嘉弥真
森3
 周東の3安打3盗塁、ギータの2ヒット、終わってみれば3安打に抑えた投手陣と、鷹の良さが出た初戦でした。
 第2戦は、東浜(グレードA)対戸郷(B)の投げ合いです。先制はやはりソフトバンクで、2回表に先頭のギータが、フルスイングで特大の一発を見舞います。3回には伏兵甲斐も、ソロHRで2点目を取ります。
jiji_yanagita_yuki
 ジャイアンツもしぶとい攻めで、毎回ランナーを出して東浜を攻め、4回に中島のツーベース、6回にも大城のツーベースで、2対2の同点に追いつきます。
大城
 ここから、両チームがリリーフ陣を投入しますが、8回表、巨人の高梨(グレードA)が代打ディスパイネの2試合連続のHRを浴びて、再び、リードを許します。9回には、中村晃もソロHRをたたき込み、高梨をノックアウトします。
中村晃HR
 巨人も執念で、ソフトバンクの高橋礼と森(グレードB)を攻め、8回、9回ともランナーを出しますが、鉄壁の守りの前にゲッツーに。結局、4対2と前日と同じスコアで、ソフトバンクが連勝しました。全てHRで得点し、かつ、守護神森は2セーブ目を上げました。
高橋礼
森
 一日の移動日を挟んで、福岡PayPayドームで、第3戦となります。先発は、石川(グレードA)対畠(B)です。序盤、両投手は無難な立ち上がりで、点を与えず。特に石川は、初回を三者連続三振に仕留めるなど、安定した投球を見せます。
DSC00533
 1回にソフトバンクに不運なアクシデントが。2番今宮が四球で出塁しますが、柳田の内野ゴロで2塁にスライディングした際に、負傷退場してしまいます。
 が、勝負の綾はわからぬもの。今宮に代わった牧野が、3回裏に連続ヒットと四球で満塁の場面で打席に。初球をきれいにライト前にはじき返し、2点を先制します。
牧原
 どうしても負けられない巨人は、4回表、主砲岡本がシーズン初のHRで、1対2と追い上げます。そして、6回には不調からクリーンナップを外れていた2番坂本が、ヒットと盗塁の増田を2塁において、左中間へのホームラン。3対2と逆転に成功します。 
岡本
坂本2
 しかし、ソフトバンクは強かった!その裏、柳田の四球、グラシアルのヒットで1・2塁とすると、6番栗原が値千金のツーベースを放ち、試合をひっくり返します。さらに、驚異の9番捕手甲斐がこの日2本目のヒットで、3対5と突き放します。
栗原2
甲斐
 8回からは、板東-森の盤石リレーで逃げ切り、ソフトバンクが3連勝で王手をかけました。
森2
 巨人にとって後のなくなった第4戦は、ムーア(グレードA)対サンチェス(B)の外国籍投手の投げ合いに。この日は、壮絶な乱打戦になります。
 1回裏、周東のヒットと盗塁、3番中村のヒットで1・3塁とすると、4番柳田が先制のツーベースで2点をリードします。
 
周東1
中村
 すると、2回表、ジャイアンツは3番から降格された6番丸が、意地のツーランHRで同点とします。
丸
 3回裏、中村・柳田が四球とヒットで出塁し、5番グラシアルがシングルヒットで2対3に。栗原の内野安打で満塁とし、8番ディスパイネがしっかりと選んで四球による押し出しで、点差を広げます。
デスパイネ
 続く、4回裏、今度はギータの特大ツーランで加点。6回にも巨人のデラロサから、柳田が二打席連続HRで、2対7に。これで勝負あったかと思われましたが・・・。
ギータ
 セリーグ覇者の巨人が、終盤に意地を見せます。7回表、疲れの見えたムーアから連続四球を選ぶと、松原の代打2番吉川がヒットを放ち、1点を返します。
 ここで、ソフトバンクはリリーバーのモイネロ(グレードA)を投入しますが、連続四球と5番中島のヒットでさらに3点を失います。ツーアウトまで行ったものの、ウィーラーのシングルヒットで、ついに7対7の同点に追いつきます。
中島
ウィーラー
 その裏、今度はソフトバンクが逆襲に。先頭の栗原がツーベースを放ち、7番松田がヒットで続きます。ここで、ディスパイネは内野ゴロのゲッツーとなりますが、その間に3塁ランナーが生還して、1点をリードします。
栗原
 続く8回表、巨人はソフトバンクの嘉弥真を攻め、連続四球で1・2塁に。3番坂本が意地のタイムリーで、再び、8対8の同点にします。ここから両軍は強力な救援陣を投入し、ピンチはあったものの点を与えず、延長戦に突入します。
 10回裏、巨人の高梨(グレードA)から、守備固めで入っていた2番川瀬がツーベースを放ち、一打サヨナラのチャンスを作ります。1アウトの後、迎えたのは鷹の主砲柳田。ツーボールの後の甘く入った変化球を見事に捕らえて、サヨナラ・ツーベースヒット!両軍合わせて、25安打の乱打戦は、ソフトバンクの勝利で幕を閉じました。
jiji_yanagita_yuki
 これにより、ソフトバンクホークスは、史実と同様の4連勝で、日本一に輝きました。MVPは、驚異の打率6割、3本塁打、8打点で、柳田が獲得しました。これ以外にも、周東が打率353(盗塁5)、栗原が.333(5打点)、甲斐が385(本塁打1、打点2)と3割超え。ディパイネも代打で2本塁打に、3打点と、要所要所で活躍。投手陣も防御率3.75で、守護神森が3連続セーブなど、試合を作りました。
 巨人の敢闘賞は、打率333、本塁打1、打点2の岡本でした。これ以外では、丸が.333と3割越えでしたが、他の選手はレギュラーシーズンより成績を落とし。投手陣も、全試合で先制点を許し、防御率5.5と崩壊。最終試合の粘りだけが、唯一の救いでした。