前回まで、3勝3敗の五分で迎えた、87年オリジナル日本シリーズの最終第7戦をプレイしました。ちなみに、ゲームに夢中になりすぎて、写真は撮り忘れています(ありゃりゃ)。
 先発は、西武ライオンズ(kawa)が渡辺久信、広島東洋カープ(mitsu)が長冨です。序盤は、投手戦になります。長富が四球や単打でランナー出すものの、2塁を踏まさず、6回までライオンズ打線を零封します。一方の渡辺久信も、4回までわずか1ヒットに抑えます。
watanabe2019032601
 先制は、カープでした。5回裏、先頭の小早川が狙い澄ました一発で、1対0とします。7回裏には、長島がこちらもソロで2点目を獲得します。
car16091105000005-p1
長島
 長富があと1回を抑えれば、カープの誇る救援陣につなぐはずでしたが、7回表、西武打線に捕まります。四球の清原をおいて、ブコビッチがヒット。ここで、カープは中継ぎの川端を投入し、石毛が三振に倒れるも、当たっている6番吉竹が内野安打で満塁に。千載一遇のチャンスに、いぶし銀田辺が2点タイムリーを放ち、伊東がきっちりセンターフライを打ち上げて、3対2と逆転に成功します。
田辺
 さらに8回表、先頭の秋山がソロHRで、4対2と突き放します。
akiyama
 このまま、ナベ久が完投かと思われましたが、8回裏、カープが意地を見せます。達川のヒットの後、代打西田と1番山崎が連続四球を選んで、ノーアウト満塁に。ここで正田に痛恨のデッドボールで1点差。
 ライオンズは渡辺を諦め、松沼にスイッチし、3番高橋を三振に打ち取ります。が、4番小早川に同点のデッドボール!気落ちしたところを、不調の衣笠に代わった代打ジョンソンと6番長島がタイムリーを放ち、3対7と逆転に成功します。
 こうなれば、9回は、守護神津田が登場。石毛の代打広橋、吉竹、田辺を凡退に打ち取り、ゲームセット。
tuda
 7戦に及ぶ死闘を制し、広島東洋カープが日本シリーズ優勝をもぎ取りました。成績を振り返れば、
  第1戦 ★西武ライオンズ(kawa)対広島東洋カープ(mitsu)☆ 0対7
 第2戦 ☆西武ライオンズ(kawa)対広島東洋カープ(mitsu)★ 7対4
 第3戦 ☆広島東洋カープ(mitsu)対西武ライオンズ(kawa)★ 6対4
 第4戦 ★広島東洋カープ(mitsu)対西武ライオンズ(kawa)☆  2対7
 第5戦 ★広島東洋カープ(mitsu)対西武ライオンズ(kawa)☆  1対7
 第6戦 ★西武ライオンズ(kawa)対広島東洋カープ(mitsu)☆ 1対3
 第7戦 ★西武ライオンズ(kawa)対広島東洋カープ(mitsu)☆ 4対7 
と大激戦でした。
 得点は、広島31点対西武29点とたったの2点差で、広島が足を絡めた効果的な攻撃で若干、優勢に。防御率も、広島4.35点対西武4.53点と小差でした。
 MVPは、打率.307で3本塁打、7打点、2盗塁の高橋慶彦に。これ以外にも、長島が打率.346、本塁打1本、4打点。正田が打率.261ながらも4打点、5盗塁を決め、小早川も.240でしたが本塁打2本の4打点と貢献し、得点を上げました。そして、ここ一番の代打が、12打数6安打、打率.500の大活躍!中でも、ジョンソンは、4打数3安打、2打点と大暴れでした。投手陣では、大野、川口の両エースが試合を作り、中継ぎは若干、打たれたものの、守護神津田が2セーブと安泰。
 対する敢闘賞は、打率.285ながら、本塁打5本、7打点の秋山幸二に。他にも、捕手伊東が、打率.318、本塁打1本、6打点と活躍しましたが、他は清原が打率.250、ブコビッチが.240、吉竹も2本塁打ながら.214と低迷。石毛に至っては.185で1打点という不調ぶり。投げては、ペナントではグレードAとBの先発陣が前半は抑えたものの競り負け、中継ぎも崩壊して、逆転を許す厳しい展開でした。