続いて、90分でできるソフィン戦争のCDS「FREEZING DEATH」(LINDEN LAKE GAMES)をmitsuのインストでプレイします。物量のソ連軍をTommyさんが、兵力配分のさじ加減が必要なフィンランド軍をmitsuが担当します。
DSC00472
  序盤、両軍は戦争準備に励みます。ソ連軍はあえて攻撃しやすいカレリア地峡ではなく、中央部のラドガ・カレリア戦線に兵力を集中します。フィンランド軍もそれに備えて増強していましたが・・・。
T2終了時
 第3ターン、開戦となり、侵攻してきた第一陣は、フィンランド軍の防御射撃の前に半壊します。が、その後、次々と援軍を投入するソ連軍。それでも通常のdrで迎え撃ちますが、3個師団の攻撃が当たりに当たり(一度に5ヒット!)、フィンランド軍の前線が崩壊します。
T3
 なんとか、立て直さんと緊急で増援を出しますが、多勢に無勢で、第4ターンにはラドガ・カレリア戦線が征服されてしまいます。
T4 ラドガ・カラリア、征服さる
 第5ターン以降、ここから直接、ヘルシンキ攻撃が始まります。マンネルハイム線からも部隊を引き抜き、耐えに耐えますが、無尽蔵とも言える敵の前に、フィンランド軍の損害がかさみます。
 そして、最終第6ターン、ソ連軍の砲撃と地下コミュニストのコンボで兵力を削られた首都守備隊を、ソ連軍師団が蹂躙し、ついにヘルシンキが陥落。ソ連軍の勝利となりました。
T6 ヘルシンキ陥落
 そのまま、同じ陣営で第二戦に。フィンランド軍は余分な損害を避けるため、国境近くからは兵力を後退させ、主要陣地で待機します。
T2
 第3ターン、ラドガ・カレリア戦線とスオムッサルミ戦線に突入してきたソ連軍を、激しい防御射撃で釘付けにします。
 と、第4ターンに、スキー部隊を迂回させ、敵の補給線を切断するモッティ戦術を発動。後方補給線を絶たれた1個師団が壊滅し、3個師団が包囲下に残されます。
T4 迎え撃つフィンランド軍、M戦術
 第5ターン、フィンランド軍が攻勢をかけ、この残敵を殲滅します。その後、2戦線は膠着状態となります。
 最終第6ターン、ソ連軍は最後の希望のカレリア地峡で、猛攻に出ます。強力なカードを使った攻撃drがまたも冴え、二度ほど、マンネルハイム線が突破されかけます。が、フィンランド軍は後方から増援をつぎ込んで、ギリギリで持ちこたえます。
T6引き分け
 ここで、ゲーム終了。1/3の確率で国際世論が味方に付けば、フィンランド軍の勝利でしたが、英仏は動かず。結局、引き分けになりました。
 数で勝るソ連軍のdrが当たりまくると、どうにもできませんが、イベントを駆使するフィンランド軍の抵抗が感じられる良作だと思います。