続いて、80周年記念の独ソ戦から「バルバロッサ」(アークライト)です。kawa・mitsu・BIBI・エンジョウの4名でモスクワ攻略を目指します。
 序盤、まずは補給と、各軍団ともポイントを使ってトラック輸送や鉄道輸送を組み入れます。ある程度、増援が進んだところで、エンジョウ軍団が工兵による圧縮を始めると、皆も追随し、次々とグレードアップを図ります。すると、いきなりトラック輸送が品切れに。
 軍事作戦としては、擲弾兵と砲兵を軸に据えたエンジョウ軍団が、高地を攻略し、そのまま、陣地へ鞍替え。蓄えた作戦的優位を駆使して、2都市を攻略します。
 それをmitsu軍団が追いかけ、装甲連隊を配備した後は、一気に陣地や都市攻撃に移り、3都市の攻略に成功します。
DSC00358
 と、この時点でも、圧縮合戦が続き、今度は鉄道輸送も品切れに。トラック・鉄道の補給がなくなったため、やむなく非機械化輸送や空中補給(!)で凌ぐという、スターリングラード包囲並の非効率化に。
 中盤になると、各陣営とも都市の攻略を進めますが、今度は基幹となる装甲連隊が品切れ!そこそこ、数は満たしていたのですが、皆がSS装甲連隊への昇格を進めたため、ドイツ軍の中核がいなくなるという珍風景が現出します。
 それでも、みな、圧縮効果が高いため、都市の攻略が連続し、気がつけばモスクワ戦に。ここまで後塵を拝してきたkawa軍団が意地を見せ、全滅上等でこれを攻略。
モスクワ陥落
 結果的は、延べ5都市を堕としたmitsu軍団が63点で勝利しました。