この日の初戦は、お手軽カードドリブンの「関ヶ原大作戦」(GJ)です。朝一で駆けつけたエンジョウさんが西軍を、mitsuが東軍を担当します。
 序盤、両軍は敵城の攻略に向かいます。東軍が岐阜城を堕とせば、西軍が安濃津城を攻略。と、カード周りが非常によく、増えた手番を利用して西軍は大津城を堕とし、第4ターンに早くも秀頼の出陣となります。
T3 大津城攻略
T4 早くも秀頼出陣
 東軍も犬山を堕として、調略バランスをイーブンにしますが、なかなか、家康が来ず。その間に西軍は関ヶ原付近に部隊を集結してしまいます。
 やむなく東軍は、危険な南宮山回廊を抜け、伊勢方面への転進を狙います。
 中盤、西軍は大垣回廊を抜けようとした黒田隊を捕捉し、これを殲滅します。東軍は家康本隊を持って迎撃に出た大谷隊を攻撃しますが、するりと逃げられ、主導権を取り返せません。
黒田対が捕捉される
 ならば、伊勢路で逆転を狙うしかないと福島隊が長躯、神戸城を抜き、伊勢亀山へ迫ります。ここを調略できれば、一気に形勢をひっくり返せるはずでしたが、福島隊による恫喝は失敗。駆けつけた宇喜多隊、毛利隊との乱戦で福島隊も全滅します。一気にVPは西軍有利に。
大垣をすり抜け神戸城攻略
鍋島恫喝も効かず
 東軍は家康本隊による恫喝で逆転せんと行軍を行いますが、南宮山の麓にたどりついた頃、第7次の攻防戦を続けていた田辺城がついに陥落。「古今東西」の奥義を守りため、幽斎が和議を受け入れ、西軍の勝利となりました。
田辺城陥落
 負けたといえ、やっぱりこのゲームは面白い!カードの引きによる流れが全てですが、それを読んで最善手を尽くし、後は天(dr)に祈るという楽しさ(苦しさ?)は格別です。