続いて、日本史繋がりで「関ケ原大作戦」(GJ)を戦うことに。陣営は東軍をmitsuが、西軍を水戸爺さんが担当します。
 序盤、やたらと西軍カードが回り、伊勢路が平定されるとともに、第3ターンには早くも秀頼が出陣します。東軍は、カードが来ない上に、戦闘drも悲惨で岐阜城が4ターンまで落ちず。

秀頼出陣、集結する西軍
 第6ターンに家康が登場するものの、西軍は田辺城まで落として、関ケ原に大軍が集結します。
家康登場も・・・
  こうなると、ほぼ西軍の優勢は動かないのですが、なんとか巻き返しを図る東軍は、家康自ら吉川に問い鉄砲を放ち、寝返らせます。
 が、西軍の壁は厚く、突破の見込みはなし。その間に秀頼が豊臣恩顧の武将を説得。黒田隊に続き、池田・浅野隊も返り忠となり、サドンデスに。
関ケ原を抜けず、黒田隊の寝返り
 あまりにもカード廻りの悪さに、せめてもう一戦と、第二戦に。
 今度は逆に東軍の廻りがよく、早々に岐阜城が陥落します。反動か、宇喜多勢は空弁当ばかりで伊勢路の攻略は進まず。
早々に岐阜城陥落
 徳川家康が登場すると、一路、大垣を抜いて、南宮山の吉川を調略します。さらに、関ケ原に進んで、小早川を問い鉄砲で味方に。
小早川寝返り
 さらに鍋島も寝返って、VPは一気に東軍へ。西軍はやむなく関ケ原から兵を引きます。
 西軍は一か八か内府の首を狙って、石田隊が出撃。強行軍で打撃を与えたまではよかったのですが、危機を感じた家康は猛ダッシュで近江に逃げ込み、難を逃れます。
石田隊の奇襲
 こうなると、東軍の畿内蹂躙を防ぐ手はなく、東軍の勝利となりました。
家康、近畿に逃げ込む
 drとカードの結果でどちらにも勝利の可能性がありますが、それ故、どうにもできないことも。もっとも1戦が30-50分程度なので、再戦しやすいのがいいですね。