この日は、個人的には「信長祭り」と称して、「信長軍記」をはじめ、「桶狭間合戦」「萱津合戦」「浮野の戦い」など、信長関連のアイテムばかり持ち込んでいまして。str会長と「桶狭間合戦」を対戦しました。

DSCN4104
 第一戦は、今川軍(mitsu)対織田軍(str)の戦いです。第3ターンに今川義元が士気ラインを突破したところで、「豪雨」を突いて移動した織田軍が「大駆け」で迎撃します。圧倒的な戦力差で即討ち取りかと思われましたが、かろうじて生き延びた義元は沓掛城方面に退却します。

T4 義元、迎撃さる

 これを追って、信長本隊が猛追を掛けたのですが・・・。 

T5 織田勢が猛追も・・・

 すわ、大将を守れ!と「大攻勢」で大量の援軍が戦地へ。信長も援軍を投入して激闘しますが、多勢に無勢で逆に打ち取られ寸前に。

T6 今川軍の援軍が到着
 今川軍は、精鋭松平勢も投入し、圧倒的な包囲網を引きましたが、ここで織田軍が「突破」。敵の間隙を突き、脱出に成功します。

T7 精鋭松平勢が繰り出すも・・・

 この結果、大高城と鳴海城の士気が墜ちて、危ういところで織田軍の勝利となりました。

 第二戦も、同じ陣営で対戦。やはり、義元を早期に大高城入りさせるしかないと、今川軍は遮二無二、突進し、第3ターンに士気ラインを越えます。そのまま、南側を突破し、無事に大高城へ。

T3 早くも士気ライン越え
 こうなると、今度は織田軍が攻勢に出なければならなくなりますが、考え抜いたstr信長が用いたのが「挑発」。これに載せられた義元が、よせばいいのに郊外に引き釣り出され、あやうく戦死の危機に。
挑発で、義元隊が釣り野伏をうけ・・・
 ここで、今川軍はとっておいた「松平勢の兵糧入れ」を実施し、なんとか持ち堪えます。
 こうなったら、大高城を強襲で落とすしかないと、織田勢は幾度となく攻撃をかけましたが、厚い防御陣地と松平勢の追撃に阻まれ、最後は信長が打ち取られてゲームセットに。
 第三戦は、陣営を入れ替えて、今川軍(str)対織田軍(mitsu)の戦いに。織田軍は、義元の電撃侵攻を押しとどめるべく、一手目で「敦盛」、二手目で「大駆け」を使って鳴海城を攻めます。ここで、10ユニットで7発という奇跡のdrが出て、なんと鳴海城が陥落!
鳴海城陥落
 第3ターン、「熱田神宮戦勝祈願」で「大駆け」を再使用して、丸茂砦に到達すると、「続く「雷雨」で先手を打って桶狭間を封鎖してしまいます。
T3 桶狭間封鎖
 やむを得ず、義元隊は北の田楽狭間から進入を試みましたが、待ち構える織田軍は「先制攻撃」や「乱戦」に持ち込み、敵主力を撃破。義元本陣のみになったところで、投了となりました。
やむを得ず、義元は田楽狭間に
 前回、Tommyさんと10連戦した教訓から、義元は早駆けで大高城を目指し、信長は大駆けで迎撃を試みる作戦が有効なようです。「雷雨」がいつ来るか、「早駆け」がいずれに来るかによって、確率が上がります。また、今回、str会長が取った「挑発」を使えば、大高城に入られても義元を討ち取れる可能性があり。やっぱり、このアイテムは抜群に面白いです。  
桶狭間