今月のソロプレイは、末期戦アイテムの「Berlin'45」(CMJ)の最大シナリオ「日食作戦」です。史実ではこの時期、連合軍がドイツ南部の制圧を優先したため、ベルリン攻防戦はソ連軍のみが関与しました。が、このシナリオでは西側連合軍がベルリン占領に拘っていたら、という設定になります。

 ゲームでは、ベルリン攻略は西側連合軍が行い、総統官邸が落ちた時点で勝利宣言を行えます。これに対し、ソ連軍は任意でWWⅢの宣言を行い、西側連合軍との戦闘に入ることが可能です。

 特別ルールにより、西側連合軍とソ連軍は、WWⅢが始まるまで接触できません。そこで両軍は、区域内のドイツ軍を掃討しつつ、警戒線を張って敵の展開を妨害することになります。

 西側連合軍は序盤こそ、第1空挺軍と若干の増援のみで、阻止線を張ることもままなりませんが、第2ターン以降の大量増援と戦略爆撃、独立砲兵の投入で、急激に戦力を増強します。

 一方のソ連軍は、第1ターンから全ユニットが使用でき、かつ、毎ターン、2~4ユニットの(任意の)ドイツ軍を西部戦線に異動できます。作戦としては、進撃ルート上のドイツ軍を異動または殲滅によって排除し、できるだけ素早く西側の阻止線を押し上げる手が有効となります。

 WWⅢが始まると、先の圧倒的な戦力により、西側連合軍の一方的な猛攻になりますが、ソ連軍は少しでも粘って崩壊を先延ばしにできるかが、焦点でしょう(これまでの感覚では、バランスは西側連合軍の必勝です)。

 まず、セットアップですが、西部ドイツ軍は、ベルリンの総統官邸を守るハイスタックを作ります。続いて、ソ連軍は、東部ドイツ軍の異動を前提に、2~4箇所での突破を図る配置とします。

 第1ターン、西側連合軍は、まず、テンペルホフ飛行場を空挺突撃で奪取します。さらにOKWの置かれたZossenをMA(機動攻撃)で占領し、敵の移動力を一時的に麻痺させます(このターンのみ、移動力1/2)。西端から現れる増援は、攻撃力のないベルリン守備隊を放置し、#23XX列前後に沿ってソ連軍阻止の警戒線を引きます。

T1 西側DSC06410


 続いて、西部ドイツ軍ターンでは、異動drで6を出し、最大の4ユニットが西部戦線に異動します。ソ連軍は、もっとも突破効果の高いオーデル河沿岸の守備隊を異動させます。

 ソ連軍ターン、開いた大穴から計画通りに大量の機械化部隊が突破し、背後から駆けつけた歩兵軍団とともに、前線とその背後のドイツ軍ユニットを次々に包囲攻撃します。その数は・・・
7:1攻撃(2スタックに対する)…3箇所
6:1攻撃(1ユニットに対する)…16箇所(!)
5:1攻撃(1ユニットに対する)…1箇所
と尋常でない攻撃回数となります。

 その結果、ソ連軍はわずか4ステップの損害で、ドイツ軍に20ステップ(!)という未曾有の損害を与えます。

T1ソ連軍北部DSC06411
T1 ソ連軍南部DSC06412

T1 ドイツ軍崩壊の序曲DSC06413

 生き残った東部戦線ユニットは、なけなしの反撃を行い、ソ連軍に3ヒットを与えますが、逆に5ヒットを受けて、史実以上にドイツ軍が戦力ダウンします。
T1 東部ドイツ軍の特攻DSC06414
 第2ターン、西側連合軍の戦略爆撃が総統壕を襲い、守備隊に1ヒットを与えます。同時にもう一つの戦略爆撃が、西部戦線で唯一、期待できたヴェンクの第12軍をドンピシャで捕捉し、ヒトラー最後の希望の救援部隊を壊滅してしまいます。
T2 SBはベルリンへDSC06418
 続く、西側連合軍ターン、新たに出現した増援を加え、連合軍はライプツィヒ西方からベルリン北部まで及ぶ長大な警戒線を形成します。同時に、機甲師団+機械化師団+歩兵師団に独立砲兵を付け、総統壕に隣接する市街地を攻撃します。結果は2ヒットとなります。
T2 西側 警戒線を展開、ソ連軍を阻止DSC06420
T2 ベルリン攻防戦開始DSC06419
 ソ連軍は、前ターンに打ち洩らした進撃途中の敵を、次々と包囲殲滅します。その損害は17ステップに及び、この時点でドイツ軍の組織的な軍事力はほぼ潰えます。
T2ソ連軍、ドイツ軍を呑み込むDSC06422
T2ドイツ軍の崩壊DSC06425
 また、一部の快速部隊は、西側連合軍の警戒線の間隙を縫って前進し、将来の仮想敵に圧力をかけます。
T2終了時DSC06426
 第3ターン、西側連合軍によるベルリン攻略戦が始まります。前ターンまでに西部戦線に異動となった市街地の敵をまずは撃破し、次ターンの総統壕攻撃の下地づくりをします。
T3西側 市街地に進入したドイツ軍を排除DSC06428
 続く、ソ連軍ターンに、今は西部なれど、最終的な寝返りを危惧して、西部ドイツ軍を圧倒的な戦力で殲滅します。また、遠からぬWWⅢに備えて、歩兵と砲兵を前線に向かわせます。
T3ソ連軍が北部で前進DSC06430
 ベルリン守備隊以外、一時的に全滅したドイツ軍は、東部ドイツ軍ターンに南部からの増援を経て、ゲーリッツ周辺のソ連軍に反撃をかけます。重戦車を先頭にした通常攻撃により、1/1の損害を与えます。
T3終了時 DSC06435
 第4ターン、万事整えた西側連合軍は、いよいよ総統壕の攻撃へ。WWⅡ最後の空挺作戦を行った第1連合空挺軍が、猛烈な独立砲兵の支援下で最大比率の7:1攻撃を実施します。結果は0/4で、一瞬で総統壕を占拠し、ここに第三帝国は滅亡します。連合軍は、すかさず、勝利宣言を行います。
T4西側 ベルリン攻略DSC06437
 これに対し、ソ連軍はただちに連合軍に宣戦布告を行い、WWⅢが勃発します。ベルリンを中心に馬蹄形防御陣を引く連合軍に対し、ソ連軍の機械化部隊が北部からMAを行い、1個軍団半の損害と引き替えに、戦線に穴を空けます。そこから6個軍団が流れ込み、ベルリン西端の市街地の一郭を占拠。さらに、北部の3箇所で包囲攻撃を仕掛けます。が、連合軍が独立砲兵の防御支援を受けた1箇所が1:2となり、トータルの損害では、ややソ連軍不利に。
T4ソ連軍、WWⅢを宣言DSC06438
T4終了時DSC06439

 第5ターン、強襲を受けた連合軍は、北部でただちに反撃に移ります。この初期反攻で主力となったのは、イギリス連邦軍。北部の薄い敵戦線をMAで蹂躙すると、次々と部隊が背後に回り、のべで10個軍団を包囲。ベルリン近郊ではアメリカ軍も共同攻撃を実施し、のべで15ステップ(!)の損害を与えます。


T5西側 北部で反撃開始!DSC06440
T6の損害DSC06448
 ソ連軍はやむなく、北部での後退を実施し、ベルリン攻撃は諦めます。

T5終了時DSC06443
 第6ターン、後退により足並みの乱れた北部戦線に対し、連合軍の強力な機甲スタックが連続したMAをかけ、突破口を開きます。

T6西側 装甲スタックの圧倒的なMA!
 そこから流れ込んだ快速部隊が、敵の守りの要-砲兵軍団を攻撃し、3個軍団を撃破。さらにベルリン外郭で粘っていた12個軍団を丸々、包囲します。地形に立て籠もるものの、補給切れで戦闘力1/2となった敵に対し、軍団砲兵の支援を注ぎ込んで、高比率攻撃を実施します。その結果、23ステップ(!)という未曾有の大損害を与え、ソ連軍の総兵力の1/4を撃滅します。

T6西側 砲兵狩りと12個軍団の包囲!DSC06446
 ソ連軍は、包囲環の最も手薄な箇所を狙って、戦車軍団のMAを行い、損害を受けながら脱出口を開きます。生き延びたわずかな被包囲部隊と側面部隊はミュンヘベルク近郊に撤退します。また、戦闘が起こっていない中央部では、ソ連軍の快速部隊が敵の1個歩兵軍団を攻撃し、1ステップを与えますが、焼け石に水か・・・。

T6ソ連軍 中央1箇所のみ反撃DSC06447
T6終了時DSC06449
 第7ターン、戦力差がつき始めた途端、ソ連軍の崩壊が加速度的になります。連合軍の定石となった連続MAによる突破口開設から背面展開による大量包囲、補給切れユニットの殲滅が、北部ばかりか中央部でも発生します。包囲された敵は、残存戦力の半数を超える21個軍団!攻撃drが低調だったため、損害ステップ数は前ターンとほぼ同等でしたが、わずか2ターンでソ連軍の兵力は開始時の半数に落ち込みます。

T7西側 南北で包囲、包囲!DSC06451
T7の損害DSC06453
 もはや、これまでと見切ったソ連軍は、座して死を待つよりと、最後の反撃に出ます。包囲下の部隊をMAで救出すると、最大で3:1となる総花的反撃を8箇所で実施(1箇所だけは、例外的に7:1)。自軍の4ステップロスを上回る5ステップの損害を連合軍に与え、最後の意地を見せます。

T7ソ連軍、意地の反撃も・・DSC06452
T7終了時 DSC06454
 第8ターン、覚悟の反撃でさらに兵力を磨り減らしたソ連軍に対し、連合軍は各所で敵を分断し、脱出したユニットを含む大量の敵を再包囲します。北部・中央・南部で3つの包囲環が完成し、7:1攻撃の11箇所を含む(!)18箇所での総攻撃を実施します。ステップロスしたユニットも増加していたため、被害は鰻登りとなり、最大の28ステップ(!)が昇天します。

T8西側 ソ連軍主力の崩壊DSC06456
T8 大崩壊DSC06458
 この時点で、ソ連軍の組織的反撃力は終焉を迎えました。生き残った22ユニットは、少しでも地形効果の高い都市や森林に身を寄せ、最後の刻を待ちます。

T8終了時DSC06459
 第9ターンは、もはや戦争ではなく、単なる掃討戦でした。ライプチッヒからステッテンまでの各所に散らばるソ連軍のほとんどを包囲し、降伏を拒む敵を殲滅。22ステップの損害を受け、ターン終了時には損耗した7ユニットを残すのみに・・・。次ターンの全滅が確実になったところで、ゲーム終了となりました。

T9西側 モスクワの黄昏DSC06460
T9西側 Stettin陥落DSC06461
T9終了時
 これで「Berlin'45」(CMJ)の全シナリオが完了しました。史実・仮想戦シナリオとも、圧倒的な戦力差により、一方的な展開ばかりでしたが、その分、滅びの美学は堪能できました。大胆なMAに、そこそこ緻密な攻撃比率計算と、プレイ自体は飽きませんが、このバランスだとなかなか対戦に誘えないな~(笑い)。そういった意味では、ソロプレイで第三帝国終焉という「パノラマ」を楽しむアイテムなんでしょうね。
 なお、このソロプレイで、WWⅡ末期戦アイテムのプレイ率が6割に復帰しました。ジャンル別記事もご覧ください。