今月のソロプレイ第三弾は、Berlin'45(CMJ)スターリンの決断の短縮シナリオです。

 このシナリオでは両軍の損害をランダムに決め、残った兵力を自由に展開できます。今回は、比較的に連合軍の損害が多くなったので、念のため、アメリカ軍・イギリス軍とも防御態勢を取ってスタートします。一方のソ連軍は、ドレスデン方面に若干の守備隊を配置した他か、全て、ベルリン周辺に半円形防御で配置します。

 第1ターン、ベルリンに立てこもる第1空挺軍と1個機甲師団に、ソ連軍が砲兵を注ぎ込んだ100戦力(!)以上の高比率で攻撃をかけます。市街地と河川の防御効果を物ともせず、1ステップの損害と引き換えに、5損害を与えます。

T1ソ連軍 DSC05899

 続いて、時間のない連合軍は、早速、反撃に移ります。潤沢な砲兵支援(5個)を効果的に使って、敵の砲兵を沈黙させます。その上で敵戦線の外郭に戦力を集中して、損害を与えます。

T1連合軍、戦略爆撃DSC05901
T1連合軍DSC05902

 第2ターン、円形防御を維持しながら、ソ連軍はなおもベルリンを攻め、さらに2ステップを与えます。後2ターンあれば、いや、せめて1ターンでも、ベルリンを占領できる可能性がありましたが・・・。

T2ソ連軍DSC05904

 連合軍ターン、定石となった機甲師団スタックによる機動戦闘の波状攻撃で戦線に穴を空けると、そこから大量の部隊が突入!ベルリン・ドレスデンとも、包囲と砲撃の組み合わせで猛攻を加え、のべ10ユニット(20ステップ)!を殲滅します。


T2終了時DSC05906
T2連合軍、ドレスデン包囲DSC05905
 第3ターン、円形防御の一点に絨毯爆撃とオーバーランを集中し、またも突破を行った連合軍は、敵戦線を分断。ベルリン北部のソ連軍を丸々包囲し、同時に南東部からも圧力を加えます。

T3連合軍、ベルリンを包囲態勢DSC05908
 第4ターン、ソ連軍も予備の機械化部隊を使って、敵包囲網にオーバーランで穴を空け、部隊の救出に成功しますが、一部は移動力が足りず、逃げ切れず。残った戦線も薄く伸びたままに。

T4ソ連軍、ベルリン放棄DSC05911

 ゲームになったのは、ここまででした。第4ターン、連合軍は、各地点での包囲下の部隊の掃討に力点を置き、またも10ユニットを撃破します。連合軍も敵のMAで6個師団・旅団の損害を出しますが、キルレシオではいまだに圧倒します。

T4連合軍、敵主力を捕捉DSC05913

T4連合軍、南部で包囲網DSC05912

T4の損害SC05914

 第5ターン、もはや戦線を維持できないソ連軍は、東に向けて撤退を開始します。

T5連合軍、東端に追い詰めるDSC05916


 それを連合軍が高い機動力で追撃し、第6ターンにはマップ東端に追い詰めます。


T6連合軍、包囲包囲!DSC05918
 MAによる突破と包囲、砲兵シフト、絨毯爆撃のコラボにより、ソ連軍が全滅したのは第7ターンでした。

T7終焉DSC05922
 う~ん、やっぱり、ソ連軍はきついな。ZOCがないことが徒になって、一点突破-包囲殲滅を防ぐ手立てがなし。もしあるとすれば、MAによる相討ち上等による消耗戦ですが、確率的にはソ連軍に損害が多いので、死期を早めるだけかも・・・。ソ連軍の名案がある方は、ぜひ、対戦しましょうか?!