52fdb121acddccbc2085b4020d660f7c_1459371342-480x320
 新型コロナ感染症対策により、公共施設が使えなり、二月連続でちはら会が開催できなくなっています。2004年12月に第1回を開催以来、震災と大雪という自然災害で2回ほど中止はあったものの、それ以外で活動休止になるとは。感染症も「自然災害」といえばそうでしょうが、想定外の厳冬に見舞われた「バルバロッサ」か?
RIAN_archive_429_Fresh_forces_going_to_the_front

 知り合いの医療関係者によれば、形がコロナウィルスに似ているものの、あまりに違いがありすぎて、疫学上の常識が通用しないとか。まさか、戦略的秘匿〇〇「スターリンのオルガン」ではないですよね~。

img6f2a07f9zik9zj
 いずれにせよ、終熄には全世界でのワクチンによる集団免疫しかないでしょうね。死亡者数が劇的に少ないのは、医療や福祉従事者の優秀さと献身的な業務が大きいそうです。希望は持てず、しかし絶望もせず、とは「末期戦」の最前線の兵士のよう。心からの感謝を・・・。

 個人的には、現場をモニターしてタイムリーに対策を決定する部署ゆえ、「引きこもり」もできず。ICTの遅れでリモートとかテレには縁遠く、無線機のない「イワンのT34」に乗っている気分です。

t64b

 それでも可能な限り、就業時間の縮減を進めています。休日のサービス出勤がなくなった分、月の時間外労働が50時間以下になり、やっと人間らしい生活に。あのまま、いっていたら、いつか「バグラチオン作戦(中央軍集団の壊滅)」を喰らっていたはずで。 

yjimageC3OYHH1E
 ともあれ、偉い人が「自粛要請」しか出せないのに、感染者数が減少するのは、この国の凄いところかも。一人一人のモラルの高さが行動変容を受け入れ、少しずつ世の中は、「春の目覚め」に向かっているようです。(史実のような泥濘になりませんように)。
yjimage

 こんな時こそ、「誠実さ」と「粘り強さ」が大事なのに、口先だけの「危機感」と自己弁護ではねぇ~。全然、配られていないのに、マスクの配布を決めたから、ふつーのマスクが出始めたとは、どんな理屈?これが欺瞞だとしたら、「グライフ作戦」も真っ青です。

fake_Panther_M10
 レートが低ければ私的な賭けごとも懲戒にならないようなので、いっそ、プロバルジ(勝ったら100円!)も許させるのかな~。(いかん、ちょっとPoison高めです。)
4bb9fa5d

 ともあれ、緊急事態宣言が一時的にでも解除の方向なのは、よいことで。公共施設が利用可能になり次第、ちはら会の再開をしたいと思います。その日を夢見て、少しずつ、ソロとかミニマムオフ会とか、アップしていきますね~。

<最も早い復活予定>
第182回ちはら会 6月6日(土)10:00-20:00 おゆみ野公民館 第2講習室 ノルマンディ上陸!