続いて、mitsu・平・ybs・にしの4人で、グループ乾坤一擲の新作の「バトル・オブ・ブリテン・カードゲーム」のテストプレイに移ります。このゲームは「ビスマルク追撃戦」と同様に、基本はドイツ軍をプレイしながら、イギリス軍が輪番で回ってくるシステムです。

 基本はドイツ軍プレイヤーとして、爆撃隊を編成し、レーダーや航空基地、後半になるとロンドンやその他の都市を爆撃します。成功すると、迎撃の手順が替わったり(レーダーの損傷)、VPが手に入ります。この時、イギリス軍は迎撃隊を組織して、妨害をします。敵を撃破すると、イギリス軍としてのVPとなります。

DSCN2927
 ゲーム自体は、ドイツ軍カードか、イギリス軍カードが尽きたときに、残っている側が勝利します(それだけ敵を損耗させたとみなす)。ドイツ軍の勝利ならVPが最も高いプレイヤーが勝利します。イギリス軍の勝利なら、イギリス軍として獲得したVPが最も高いプレイヤーが勝利します。

 序盤は、ドイツ軍の3個航空艦隊が、イギリスに襲いかかります。史実通り、レーダーを潰し、ドイツ軍の進入が楽になり、VPが上昇します。

DSCN2929

 が、中盤になって、ロンドン空襲が可能になると、高VPを狙って、奥地への進入が多くなります。レーダーの回復により、敵の動向をつかんだRAFは、効率的にドイツ軍の迎撃ができるようになります。敵戦闘機の航続距離制限などもあり、ドイツ軍の被害が続出します。

VPは高いが、損害も多し

 このまま、イギリス空軍がルフトバッフェに痛打を浴びせ、勝利に。結果、RAFとして最も高いVPを積み重ねたにしさんの勝利となりました。

 初プレイでも1時間弱でしたが、手軽なカード形式でバトル・オブ・ブリテンをうまく表現できていまして。特に後半に都市爆撃にかまけて、ドイツ軍の損害が続出し、RAFの勝利となったあたりは、見事に史実を再現できていました。特別ルールで強制するのではなく、競合によりRAFに有利になるシステムは、うまい作りです。

 バトル・オブ・ブリテン80周年の来年に発売されるそうで、購入を考えたいと思います。