ずっと気になっていた「孤児たちの戦争」シリーズを読み始めたところ、あまりの面白さに、久しぶりにSFに填まっています。古典とも言える「宇宙の戦士」も引っ張り出して、並行読み。その熱にあおられて、しばらく旧ブログで凍結していたSF級をこちらに移転します。

huygens2

<初稿掲載:2007/03/18>

 今年はじめに打ち上げた新企画-「B級ゲームを救え!」Save the B-class item! -ですが、ツクダ系のへボさ加減や他の企画に押されながらも、ここまで着実にアイテムを「救済」してきました。
 ここでちょっとした問題が・・・B級アイテムには、アニメや映画などを中心に、ロボット対戦から、SF、ホラー、変わり種マルチなど、89アイテムが上がっています。が、この中には、かなり「真面目」なSFが入っていたため、「あれは、B級ではないでしょう」とクレームがあったりしました(確かに、自分も迷った覚えがあります)。その一方で、ハード過ぎて、B級にできなかったSFもあります。そこで・・・。

 いっそ、SF級を立ち上げてしまえ!ということで、B級アイテムからの「独立」を行うことにしました。今回、「独立」に参加するSF級のアイテムは、全部で23!アニメや映画を原作とするものを除き、SFテイストの溢れる作品を、独断と偏見で選考しました。B級からの移籍組がほとんどですが、これまで入れるに入れられなかったハードSFも、ノミネートしています。

ST

【mitsuのSF級アイテム・リスト】
 (  )内は出版社
 未印:人跡未踏アイテム
△:ちょっとだけソロ演習 
☆:根性でソロプレイ済み
★:まさかの貴重な対戦済み


[かなり真面目なハードSF]20アイテム

インペリウム(HJ/CMJ)★
 拡張限界を迎えつつある銀河帝国と新興の地球連邦の間に起こった辺境戦争を描いた、古典的SFアイテム。両軍は生産-移動-戦闘を繰り返し、一定の戦果を上げた側が「勝利」します。が、その後、「平和」となり、負けた側はフル生産力で、勝った側は1/2生産力(!)で、次の戦争のための準備をします。そう、破れた側が、次の戦争を有利な軍事力で始められるため、自然とシーソーゲームになります(かつ、ほとんどの史実でもそうです!)。戦略級ながら、戦闘は各ユニット同士の撃ち合いで、盛り上がり、かつ、艦種も偵察艦から巡洋艦、戦艦、ミサイルボート、空母、モニター艦と多彩で、ギミックに溢れています。皇帝に陳情しまくって、あえて「敗北」を重ねてから、大兵力での反撃に移る「帝国必勝法」もありますが、そんなけちな作戦を越えて、宇宙戦争の醍醐味を味わえる傑作です。

INVASION EARTH (GDW)
 邦訳すると「地球侵攻」とかなり刺激的な表題です。インペリウム戦役の背景を借りた帝国軍によるソロ制圧作戦です。地球全域が一方、変わった三角マップに描かれており、ここに帝国軍が侵略してくるわけですが、地球軍のゲリラ戦がかなり強力だそうで・・・。和訳がないので、後回しになっていますが、ぜひとも、プレイしてみたい。

IE

ダーク・ネビュラ(RPGamer付録)
  ヒット作「インペリウム」のシステムを援用して制作した「外宇宙戦争」ものです。マップをランダム配置にし、ヴァリエーションを増やしていますが、それによってかえってゲームバランスが取りにくくなり・・・。まあ、何戦か、プレイすることで、解消できそうです。

GDWライセンス

第5次辺境戦争(HJ)
 SFの傑作TRPG「トラベラー」の外伝ゲームであり、サプリメントでもある星間戦争アイテムです。あまりに格好いいBOXアートとブーム終盤に発売された希少価値もあり、高嶺の花でしたが、オークションでゲットでき。TRPG「トラベラー」は無理ですが、こちらはなんとかプレイしたいものです。


5th
アステロイド(RPGamer付録)★
  マッドサイエンティストが地球に向けて放った大質量兵器-アステロイドに進入し、コンピューターにアクセスして落下を阻止する、冒険活劇。一定数のdrを修整できるラッキー、PCにアクセスできる教授、その娘のニコル、射撃の名手ガンナーなど、地球側のキャラが立っていて、がっつり、感情移入できます。PC側が本気になると、まず、地球側は全滅ですが、このゲームの目的は、マスター役になって、みんなで楽しむことでしょう。以前、B級王(?)のいのさんの名マスターぶりで、大いに楽しめました。

メイディ(RPGamer付録)
 あのツクダに先駆けて、慣性移動システムを用いた、宇宙戦アイテム。もともと、SFのRPG「トラベラー」の戦術戦闘用に発売されたもので、ルールはシンプルです。海賊襲撃から宇宙レース、小艦隊戦まで、幅広いヴァリエーションが楽しめます。

BELTER(GDW)★
 いわゆるアステロイド・ベルトの開発競争を描いた、SF正統派マルチ。初期開発が軌道に乗るまでがかなりかかり(プレイ時間も)、逆に中期以降は一気に手間が忙しくなるため、あまり例会向きでないとの評も・・・。NPCに近いPKF(平和維持軍)が登場する上級ルールまであり、他人を巻き込んでいいのか、悩みます(笑い)。前述の「アステロイド」の隕石はここからは運ばれた設定のようで、GDWの宇宙史がさりげなく繋がっていて、思わず、ニヤリとします。
BELTER BR

BLOODTREE REBELLION(GDW)
 邦題の「ブラッドツリー解放戦線」とあるように、惑星ソンバーにおけるマイキン軍団(クローン部隊!)と、ゲリラ及び原住民の昆虫種族連合との戦いです。かなり、精密な戦闘システムと政治ルールからなる野心作ですが、システムバランスが悪いのはこの時期のGDW作品の特徴か?!プレイ希望があるとは思えませんが、ソロ記事でも盛り上げて、いつか対戦してみたいです。

DOUBLE STAR(GDW)
 外宇宙に進出した人類が、DOUBLE STAR(二連星)のある星系の開発後に起こった、星系内抗争。初期に入植した中国系と後発ゆえの不利な条件で開発にかかわってきたムスリム系の衝突という、なんともそれらしい設定です。

GDWのSF2作DSC08780

PRIPLANETARY(GDW)
 輸入元のHJがつけた邦題は、「惑星間戦争」。近未来の太陽系を舞台にしていますが、その設定年代は、なんと2001年(!)。慣性の法則と惑星間の重力を利用して、優位な位置につけるという、宇宙版セーリングのようなアイテムです。宇宙海賊、異星人の侵略、惑星間戦争、宗教的逃亡など、ヴァリエーションに富んだ設定のシナリオは、GDWの黄金期を彷彿とさせます。

パンドラ号の遭難(T誌付録)☆
 なかなか珍しい、SF級のソロアイテム。生物探査の帰路にパンドラ号に事故が発生し、冷凍保存してはずの新種の生物が解き放たれた!狭い船内を舞台に、唯一の目覚めたクルーが、仲間の覚醒と生物の再捕獲、慣性コンピュータのリセットに駆け回る、ミステリー型冒険ソロ。中には、映画「エイリアン」ばりの凶暴生物もいて、一筋縄ではいかない設定です。

パンドラ号の航海(T誌付録)☆
 上記のパンドラ号の生物探査航海を描いた、これまた、ソロアイテム。こちらはパラグラムとランダムdrによって、様々な惑星環境を表します。重力がやたら強い惑星や火山噴火の危険の惑星有り、ほとんど無害で低VPの生物から、超危険な敵対生物や原住民集団、挙げ句の果ては現在の科学レベルをはるかに超える異星人のオーパーツまで、SFガジェットに溢れています。欠点は、ランダム性が強すぎて、なかなか、生物に出会えないことか?!

パンドラ

ウェブ・アンド・スターシップ(WE/HJ)
 F級の名作「ヴァーヴァリアン・キングス」をデザインしたG・コスティキャンの制作。変わっているのは、3人を前提としたマルチと言うことで、強大な帝国の間で翻弄される地球連邦という構図です。二大帝国の一つ、鳥型のグインハイファール族は輸送展開能力は少ないものの、あらゆる惑星に進攻できるワープ技術を持ち、もう片方の土竜型のペリーン族は、強大な地上兵力と「宇宙空間を結ぶトンネル」技術を持ちます。地球連邦は余りにも弱小ですが、生き残れば、両方の技術を使える強みがあります。ぜひ、3人で対戦したいものです。

FitG W&S
FREEDOM IN THE GALAXY(AH)△
 SF級のラスボスで、SPIが初版を出し、その後、AHから再版されたSF戦略級です。ゲーム難易度は、星系・星管区・大銀河ゲームの三段階になっていて、最高難易度は当時でも究極の壱〇!「スター・ウォーズ」の版権が取れず、システムはそのままで、オリジナル設定になったそうですが、入門シナリオだけでも、20ページを越すHG級!一風、変わっているのは、通常のSF戦略級またはマルチのように、主役が艦艇(艦隊)ではなく、両軍合わせて、32人に及ぶ個性豊かなキャラが中心になることです。進行にはほとんど関係のない「銀河ガイドブック」(!)なるものもついていて、一人一人の参加のいきさつや政治的信条などが、思い入れたっぷりに描かれています。

宇宙の戦士(AH)△
  SF界の巨匠ロバート・A・ハインラインの人気小説「宇宙の戦士」を忠実にシミュレートした、戦術級アイテム。小型の核武装し、大気圏突入までできる、重装甲のパワードスーツに身を包んだTROOPERSが、高い知性と独特の生態を持った蜘蛛型エイリアン-アレクニドと戦う設定です。アレクニドの真骨頂は、ブラインドによる地下トンネル網の形勢で、テラン側は敵の配置が全くわからない中、大気圏降下していきます。聴音器や「能力者」が出てくるまではトンネル網を調べる手がなく、バランスは悪いですが、まさに「史実」そのものであり、原作ファンにはたまらない一品です。 

宇宙の戦士
STARSHIP TROOPERS(97年版AH)★
  1997年製作のポール・バーホーベン監督作品を元にした、純粋な戦闘級。一応、ハインラインの「宇宙の戦士」をもとに映画化したことになっていますが、「歴史背景」以外は、別物のドンパチ映画です。群がり来るバグを、なぜか、軽装備の歩兵が手持ちの火器で迎え撃つという、設定そのままのゲーム展開になります。それはそれで「正しいシミュレート」なんですが、自分にとっては「宇宙の戦士」ではないなぁ~。と、いいながら、和訳をして全シナリオを制覇しました(笑い)。   

SF3D(HJ)△  
 模型雑誌HJ誌が展開していたオリジナルSFに火が付き、ゲーム化となった戦闘級アイテム。核戦争後の29世紀の地球を舞台に、ドイツ軍ぽい名称と装備のシュトラール共和国軍とゲリラ戦を展開する地球独立政府傭兵軍の戦いを描きます。ゲリラ側がAFS(装甲戦闘服)を開発したことから、敵側にも対抗兵器が現れ、両軍ともSAFSやGustavなどの新型を投入するのですが、これが格好いい!兵力の少ないシュトラール共和国軍が投入するNUTROCKERやNEU SPOTTERなどの無人兵器群や反重力装甲戦闘機FALKE なども魅力的で、ゲーム化にはもってこいでしたね~。

SF3DⅡ(HJ)
  前作のヒットで発売された追加ヴァリアント。SAFSⅡなどの新鋭機や装甲車、歩兵などが追加され、シナリオの規模も拡大しています。前作では、戦闘解決でダイスの目を組み合わせるという、珍しい方法を取っていましたが、ゲーマーには抵抗感があったようで、こちらでは慣れている2d6に変更されています。

SF3D
司政官(ツクダ)
 眉村卓原作の同名シリーズをモチーフにした、SF政治アイテム。架空の惑星ロゼを舞台に、植民者・現地人・軍の3つの勢力をコントロールする司政官の役割をシミュレート。完全オリジナルのシステムは評価されているものの、いかんせん、ルールが複雑で4人でしかプレイできず。さらに、主人公に当たる司政官の権限が低いそうですが、打たれ強いちはら会なら、プレイできるかも?!
司政官
ヘビー・ソルジャー[メタルヘッドRPG](HJ)
  HJが独自に開発したサイバーパンクRPG「メタルヘッド」のサプリメント。作品中に登場する「コンバットシェル」と呼ばれる、パワードスーツ同士の戦闘を描いた戦闘級です。人型だけでなく、動物型のコンバットシェルも使用でき、各種の装備を選択して、オリジナルのコンバットシェルを作れるのが、魅力です。
HS
南極未来戦争(SPI)
 冷戦が激しさを増していた70年代に作られたSFアイテムで、実際の二大大国-アメリカとソ連が、資源の宝庫の南極大陸でその支配を争います。SLGは数あれど、これほど詳細な南極大陸がマップ化されたのは、このアイテムだけでしょう。ヴァリアントとして、南極にすむ地底人(!)が出てくるIFシナリオもあります。

TIME TRIPPER(SPI)
 SPIが制作したタイムトラベルのソロアイテム。ベトナム戦争に参加していた一般兵がドラッグを決めていたところ、改造無線の周波数に異常が発生。気がついたら、過去に飛ばされ、そこでサバイバルをする羽目に。舞台は、恐竜が生息する古代から、エジプト、ローマ、中世ヨーロッパ、南北戦争のアメリカや第二次世界大戦の戦場など、多岐にわたります。なんとか戦場を生き延び、ランダムイベント表上で現代に戻ろうとしますが、場合によっては未来に行ってしまうことも。ネタゲームのはずが、SPIが作っただけあって妙にリアルでして。

TT


[B級ぽい設定のライトSF] 8点


ORGE(HJ)☆
  ゲーム性の高さではピカイチのスティーブ・ジャクソンが制作した、陸戦戦闘級アイテム。ORGEと呼ばれる機動要塞を、迎撃側が自由に兵力編成をして迎え撃つというシチュエーションです。ルールは非常にシンプルで、凶悪な攻撃力を発揮しながら傍若無人に進攻するORGEを、数の力で削り取っていく軍隊が、それらしくて☆。

モンスタータンク(アドテクノス)☆
  ORGEとほぼ同じコンセプトで作られた、アドテクノス制作の陸戦戦闘級アイテム。後発の国産SLGだけあって、コンポーネントはこちらの方がよく、同じように楽しめます。なぜか、出版元では「スポーツSLG」扱いになっているのが、ご愛敬。
を、数の力で削り取っていく軍隊が、それらしくて☆。

アイス・ウォー(T誌付録)☆
 色物SF「異次元の悪魔」と同じく、メタ・ゲーミング社から発売された近未来SF アイテム(といいながら、時代設定は2007年でとうの昔に過ぎています、笑い)。アラスカの油田を巡って、自由陣営と共産陣営が対決するという、冷戦の香りがプンプンする設定です。ミサイルと迎撃ミサイル、ホバーに、戦車、歩兵等をポイント内で組み合わせて、自由に編成できるのが、みそでした。

B級ライク
タイタン・ストライク(T誌付録)
 土星の衛星タイタンでの資源争奪戦争を描いた、戦闘級アイテム。見た目は完全なB級ですが、ホバーや長距離砲、ECM戦など、中身はがっつりSF級です。B級ライクのミニゲームで唯一残っているので、ぜひ、対戦したいものです。

異次元の悪魔(T誌付録)★
 80年に色物SFで知られるメタ・ゲーミング社から発売され、T誌付録になった戦術作戦級アイテム。恒星間進出を始めた人類のフリーフィートと謎のDemons(?)の戦いという色物過ぎる「SF設定」と「あまりにあんまりな」コンポーネントで、Crazy級かと思いきや、展開は至極まともなSF級アイテムでして。なんと、ちゃんと、対戦までしてまっせ!

暗黒星雲(CMJ)★
 CMJ誌の付録となったミニミニゲームで、暗黒星雲を含む宙域で、帝国軍と叛乱軍が戦う戦略級。シークエンスは、生産-移動-戦闘と至ってシンプルなんですが、いくつかのギミックで、差別化をしています。帝国軍は快速の巡航艇が、叛乱軍は鈍重の旧式戦艦及び警備艇が主力になります。叛乱軍の秘密基地か、帝国軍の親衛隊(本拠)を破壊すれば、勝ちで、バランス的には帝国軍が圧倒的に有利ですが、叛乱軍で勝ってこそのSF級でしょう。

暗黒星雲
銀河帝国の興亡(エポック)★
 エポック社がブームの終盤に出した恒星間戦争マルチ。各プレイヤーは目的を勝利条件カードで決めるため、最後になるまで狙いがわからない設定になっています。貿易カードを使った富の蓄積ができ、トータル的には両陣営にプラスになるはずですが、drが偏ると一方的な貿易赤字になり、開戦理由になることも。ルール自体は面白いのですが、ランダム性が高すぎ、また、敵本星の攻略も意外と簡単なので、勝利条件を無視したパワープレイになる傾向があり。とはいえ、結構、プレイしまして、200戦力以上の宇宙艦隊を集めたにもかかわらず、惑星破壊兵器ウルトリア弾の3040打撃(!)を喰らって瞬殺されたのが、懐かしい(?)思い出です(笑い)。
銀河帝国の興亡
アメーバ戦争(AH)★
 著しく増殖する宇宙アメーバと本当はそれを打ち倒すはずだった狂った最終兵器を相手に、星域の制圧を目指す、スペースマルチです。かなり前のアイテムですが、好意的な評価も高く、ぜひ、プレイしたいです。
AW
銀河大戦記(T誌付録)★
 戦略級アイテムの名作で、プレイヤーは辺境の1勢力となり、艦隊を派遣して、星系を制圧し、勢力を広げていきます。外縁部の星系からスタートするのですが、中心に近い星系ほど、生産力が高いので、亜空間航路に沿って、自然と中央部へ進出(と激突)するようになります。彩りを添えるのがハイテク開発で、生産ポイントを消費して、ランダムにチットを手に入ります。その中身は、生産技術の向上や遊星爆弾、星間通信ネットワーク、火器管制システムの発達、新型バリアーなどのギミックに富んでいて、リプレイアビリティも高いです。

X次元からの侵略(Bonsai Games)
 通称「老愚か者隊」こと統合宇宙軍海兵強襲大隊の活躍を描いた戦闘級アイテムで、正体不明の侵略者「カヨッツ」と戦います。ソロ戦用というのも変わっていますが、なにより敵のルーチンが文化の違いから予測不能としている点でしょうか。これにより、無理に人類基準のドクトリンがいらなくなったそうで。


X次元からの侵略者

巨蟲惑星の死闘(Bonsai Games)
 「無頼漢」大隊の活躍を描く、戦闘級の第二弾です。今度の敵は、女王を頂点とするヴァーマイト(昆虫型エイリアン)です。設定は古き良き「宇宙の戦士」(AH)と似ていますね~。


巨蟲惑星の死闘

 「独立」といっても、なんらかの形で「救済」したいという気持ちは一緒ですから、ベースは代わりません。ここまでの救済数は、23アイテム中の9作品で、救済率は39%!やっぱり、5割を目指すんでしょうね。

 「あまりにもあまりなツクダ系」がほとんどないだけでも、道は明るいかも?!目指すは、あと3点!!急げ、ヤ☆トよ!人類滅亡まで、わずか!あれっ!このフレーズは、B級の怨念?!

 なお・・・
 SF級「独立」に伴い、「B級ゲームを救え!」の記事を変更しました。あちらも、頑張って、5割を目指しますよ~。誰か、しょうもないツクダ系をインストして~!(笑い)


 <2010/7/31の追記>


 先日のソロプレイで、SF級のプレイ率が5割を突破しました!目前まで行って、しばらく足踏み状態でしたが、このところの「宇宙の戦士」熱で、ついに達成。手軽とはいえ、12シナリオある「STARSHIP TROOPERS 97年度版」(AH)で到達できたのは、うれしいですね。


異次元の悪魔(T誌付録)★
 http://chiharakai2005.at.webry.info/200811/article_14.html
 http://chiharakai2005.at.webry.info/200811/article_15.html
 http://chiharakai2005.at.webry.info/200811/article_16.html
 http://chiharakai2005.at.webry.info/200812/article_15.html

生物調査船パンドラ号の航海(T誌付録)☆
 http://chiharakai2005.at.webry.info/200811/article_13.html

STARSHIP TROOPERS 97年度版(AH)★
 http://chiharakai2005.at.webry.info/201006/article_4.html
 http://chiharakai2005.at.webry.info/201007/article_2.html
 http://chiharakai2005.at.webry.info/201007/article_7.html
 http://chiharakai2005.at.webry.info/201007/article_8.html
 http://chiharakai2005.at.webry.info/201007/article_9.html
 http://chiharakai2005.at.webry.info/201007/article_10.html
 http://chiharakai2005.at.webry.info/201007/article_11.html
 http://chiharakai2005.at.webry.info/201007/article_12.html
 http://chiharakai2005.at.webry.info/201007/article_13.html


 次の目標は、6割突破を目指して、後2点。HG級の「FREEDOM IN THE GALAXY」(AH)や元祖「宇宙の戦士」(AH)あたりができたら、うれしいですね。

 
<2019 /9/17の追記>


 5アイテムの追加により、プレイ率が一度、5割を切ることに。先の更新以来、追加となったのは、以下のアイテムです。

暗黒星雲(CMJ)
INVASION EARTH (GDW)
Double Star(GDW)
PRIPLANETARY(GDW)
南極未来戦争(SPI)


 プレイ済みになったのは、次のアイテムです。


暗黒星雲(CMJ)★
 http://chiharakai2005.at.webry.info/201107/article_10.html
 http://chiharakai2005.at.webry.info/201107/article_16.html
 http://chiharakai2005.at.webry.info/201107/article_22.html
 http://chiharakai2005.at.webry.info/201108/article_7.html
 http://chiharakai2005.at.webry.info/201111/article_10.html
BELTER(GDW)★


 また、全てのシナリオをプレイしていないので、以下のアイテムを△に戻しました。


SF3D(HJ)△


 これで、全28アイテム中、プレイ済みは13アイテムとなり、プレイ率は46.4%です。もう一度、5 割突破を目指して、後1点です。 

<2021/10/19の追記>


 気がついたら、プレイできぬ間にアイテム数が増え、一度、到達した5割を割ってしまいました。

 その後にプレイしたアイテムです。


アメーバ戦争(AH)★


 新たに、追加と発掘されたアイテムです。


第5次辺境戦争(HJ)

アメーバ戦争(AH)

X次元からの侵略(Bonsai Games)

巨蟲惑星の死闘(Bonsai Games)

TIME TRIPPER(SPI)


 これで、全33アイテム中、プレイ済みは13アイテムとなり、プレイ率は39.4%に低下しました。もう一度、5 割を目指して、後3点です。