歴史・戦史研究「ちはら会」Drei

この会は、主にシミュレーションという手法を用いて、歴史・戦史を楽しもうという、有志の集まりです。興味ある時代をテーマに選び、図上演習(シミュレーションゲーム)を通して、文献研究では得られない「動きのある歴史」を見つめます。 「ちはら会」では、現在、会員を募集しています。年齢や資格等を問わず、興味のある方ならば、どなたでも参加できます。関心のある方は、下記にご連絡ください。 Eアドレス. chiharakai@apost.plala.or.jp (代表.mitsu)

 「KOMET!」のソロプレイで鋭気を養った(?)後、str会長をお誘いして、信長祭り第4弾の「浮野の戦い」(CMJ)をプレイすることに。
 同名の尾張統一最終戦を描いた合戦級なのですが、戦闘システムが変わっていまして。そう、「戦術選択」という名のジャンケンなんです。はじめはただの運のしゲームだと思って、イケイケの攻撃をかけたのですが・・・。

DSCN4111
 第一戦は、信長陣営(mitsu)対信賢陣営(str)で対戦。兵力の集中とばかり、強引に攻撃をかけた信長陣営は、大きな戦果が挙がらず。信賢陣営は、行動済みの弱体化した部隊を狙って反撃を仕掛け、次々と敵を撃破していきます。そのまま、信賢勢が総大将の一人織田信清を打ち取って、サドンデス勝利に。
DSCN4115
 ただ、運がなかっただけと学ばないmitsuに対し、str会長は「けっこうこのゲーム、奥深い」と考え深げ(本当か?!)。
 第二戦も、信長陣営(mitsu)対信賢陣営(str)で対戦。信長が先陣を切って敵を潰走させたのはいいのですが、今度はこれを狙って信賢勢が反撃。ジャンケンに一つ勝てば大丈夫(そうなれば釣り野伏ができる)と思っていたところ、ああ、二つとも負けで、第1ターンに信長が敗死。「これは、魚鱗対鶴翼の戦いを再現した名作に違いない」とstr会長は目を輝かせ・・・(ひょっとして、本当?!)。
R2
 第三戦は陣営を入れ替えて信長陣営(str)対信賢陣営(mitsu)で対戦。それでも「ジャンケンで勝てばいいんだよ」と信賢陣営は強気の用兵をしますが、str会長はジャンケンも強かった!あいこを挟んで6連続勝利で、信賢陣営が崩壊し、三連敗に。str会長は「これは、VASSALのモジュールを作るしかない!」とすっかり惚れ込んでしました。
DSCN4117
DSCN4121
 帰宅してから、作戦研究(!)をしてみたら、ジャンケンで勝つと敵に1ヒット、あいこでは両軍に1ヒットというのがミソでして。行動済みになって耐久力が落ちた敵に2ユニット以上で攻撃をかけると、5割弱の確率で敵を討ち取れます。逆に未行動だと3ユニットで攻撃しても、即撃破できるのは、1割程度です。実は、ソロでプレイした時は、1d6で判定していたので、あいこの確率を間違えていて、勝手に「馬鹿ゲー」と思い込んでいました。
DSCN4118
 だって、「戦術選択」のイラストが描かれたマップが「あまりに馬鹿ゲー」っぽくって。何ごとも、見た目で判断してはいけないという教訓でした。というわけで、研究も済んだので、勝利できるまで、ちはら会に持ち込みます(笑い)。

 続いて、手の空いていた水戸爺さんとゆいしかさん、mitsuとで、もう一つのネタ「茶筅髷双六」(WGJ)をプレイしました。
 今月のソロプレイで、記述したとおり、どこかで6を出すと終了と、かなり信長に厳しい内容になっていて、まず、ゴールまで辿り着きません。ルール説明もそこそこに(双六ですから)、早速、プレイしましたが・・・。
 第一戦は、早々にゆいしか信長が「土田御前に愛され、素直に育って」終了。続いて、水戸爺信長が道三との会見で謀殺され、脱落。mitsu信長は、稲生の戦いまで粘ったものの、武運拙く討ち死に。

R1
 第二戦も、ゆいしか信長が「土田御前に愛され、素直に育って」終了。普通に愛情を受けると、戦国では生き残れないのか?!水戸爺信長はマムシとの会見どころか、嫁入りした濃姫に寝首をかかれて、死亡。mitsu信長が道三との会見で謀殺され・・・まさにマムシとその娘じゃい!
R2 濃姫に寝首をかかれる
 そろそろ、無理じゃないか感が漂い始めた第三戦、水戸爺信長とmitsu信長が早々に脱落する中、 前世で2回も「土田御前に愛され、素直に育っ」たゆいしか信長が、快進撃!家督相続で少し手間取ったものの、道三に気に入られ、稲生で権六を叱りつけ、浮野で尾張を統一して、運命の桶狭間へ。だいたい、ここで手間取って、討ち死にすることが多い中、なんとあっさりと奇襲に成功!そのままの勢いで天下人に。
R3 奇跡の天下人!
 う~む、以前のソロプレイでは40回以上のトライアルで辿り着いた境地に、たった三戦で到達したゆいしか信長。自分の職業分野では、いかに3歳までに愛着形成ができるかが大切と言われており、それを地で行った感があります。独眼竜にしろ、甲斐の虎にしろ。戦国武将は、どうも反対の事例が多くて。育児放棄の土田御前には、子どもを愛すると来世でいいことありますよ、と言ってあげましょう(笑い)。

 この日は、個人的には「信長祭り」と称して、「信長軍記」をはじめ、「桶狭間合戦」「萱津合戦」「浮野の戦い」など、信長関連のアイテムばかり持ち込んでいまして。str会長と「桶狭間合戦」を対戦しました。

DSCN4104
 第一戦は、今川軍(mitsu)対織田軍(str)の戦いです。第3ターンに今川義元が士気ラインを突破したところで、「豪雨」を突いて移動した織田軍が「大駆け」で迎撃します。圧倒的な戦力差で即討ち取りかと思われましたが、かろうじて生き延びた義元は沓掛城方面に退却します。

T4 義元、迎撃さる

 これを追って、信長本隊が猛追を掛けたのですが・・・。 

T5 織田勢が猛追も・・・

 すわ、大将を守れ!と「大攻勢」で大量の援軍が戦地へ。信長も援軍を投入して激闘しますが、多勢に無勢で逆に打ち取られ寸前に。

T6 今川軍の援軍が到着
 今川軍は、精鋭松平勢も投入し、圧倒的な包囲網を引きましたが、ここで織田軍が「突破」。敵の間隙を突き、脱出に成功します。

T7 精鋭松平勢が繰り出すも・・・

 この結果、大高城と鳴海城の士気が墜ちて、危ういところで織田軍の勝利となりました。

 第二戦も、同じ陣営で対戦。やはり、義元を早期に大高城入りさせるしかないと、今川軍は遮二無二、突進し、第3ターンに士気ラインを越えます。そのまま、南側を突破し、無事に大高城へ。

T3 早くも士気ライン越え
 こうなると、今度は織田軍が攻勢に出なければならなくなりますが、考え抜いたstr信長が用いたのが「挑発」。これに載せられた義元が、よせばいいのに郊外に引き釣り出され、あやうく戦死の危機に。
挑発で、義元隊が釣り野伏をうけ・・・
 ここで、今川軍はとっておいた「松平勢の兵糧入れ」を実施し、なんとか持ち堪えます。
 こうなったら、大高城を強襲で落とすしかないと、織田勢は幾度となく攻撃をかけましたが、厚い防御陣地と松平勢の追撃に阻まれ、最後は信長が打ち取られてゲームセットに。
 第三戦は、陣営を入れ替えて、今川軍(str)対織田軍(mitsu)の戦いに。織田軍は、義元の電撃侵攻を押しとどめるべく、一手目で「敦盛」、二手目で「大駆け」を使って鳴海城を攻めます。ここで、10ユニットで7発という奇跡のdrが出て、なんと鳴海城が陥落!
鳴海城陥落
 第3ターン、「熱田神宮戦勝祈願」で「大駆け」を再使用して、丸茂砦に到達すると、「続く「雷雨」で先手を打って桶狭間を封鎖してしまいます。
T3 桶狭間封鎖
 やむを得ず、義元隊は北の田楽狭間から進入を試みましたが、待ち構える織田軍は「先制攻撃」や「乱戦」に持ち込み、敵主力を撃破。義元本陣のみになったところで、投了となりました。
やむを得ず、義元は田楽狭間に
 前回、Tommyさんと10連戦した教訓から、義元は早駆けで大高城を目指し、信長は大駆けで迎撃を試みる作戦が有効なようです。「雷雨」がいつ来るか、「早駆け」がいずれに来るかによって、確率が上がります。また、今回、str会長が取った「挑発」を使えば、大高城に入られても義元を討ち取れる可能性があり。やっぱり、このアイテムは抜群に面白いです。  
桶狭間
                 

 今月のソロプレイで紹介した「戦略級:桶狭間の戦い」(CMJ)を持ち込んだところ、ちはら会名誉会員のこまいふさんが乗ってくれまして。
 第一戦は、今川軍(こまいふ)対織田軍(mitsu)の戦い。♪人間五十年~、と敦盛を舞って出陣した信長(3戦力)。が、今川軍が25戦力で押しつぶし、DEで勝利。この間、わずかに10秒!

DSCN4079
 第二戦は、陣営を入れ替えて、今川軍(mitsu)対織田軍(こまいふ)の戦い。こちらも、一発DEで東海一の弓取りの勝利に。
 第三戦は、再び、今川軍(こまいふ)対織田軍(mitsu)の戦い。「尾張の織田なぞ、ひねり潰してくれる」と、傲慢な義元でしたが・・・信長の決死の突撃で首級を上げられ。が、怒り狂った今川軍の反撃を受けて、信長も敗死(EX)。尾張に侵攻できなかったので、規定上、織田軍の勝利に。
DSCN4080
 感想戦(!)まで合わせても、実質5分の「桶狭間」劇場でした。ちはら会アイテムをこよなく愛する、こまいふさんは、終始、にやつきっぱなし。「mitsuさん、人生の残り時間を考えて、こんな手間をかけるか、考えるべきです」と「説諭」。うれしさのあまり、マスクが外れるくらい。プレイ用、予備、棺桶用(!)と、同アイテムを3つも持っているこまいふさんに、言われてもねぇ・・・(笑い)。
DSCN4078
 こちらに、最速のAARが載っています。
https://www.mustattack.net/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=51398&comment_count=3
 午後になって、str会長が到着されたので、報告をしたところ「じゃ、やってみますか」。なんと、こんなアイテムを二人と「対戦」できるなんて!!
 第一戦、第二戦は、今川軍(str)対織田軍(mitsu)の戦い。やっぱり、今川軍に踏みつぶされて、信長戦死。
DSCN4096
 第三戦は、陣営を入れ替えて、今川軍(mitsu)対織田軍(str)の戦い。勢いそのまま、今川軍が尾張を蹂躙し、勝利。
 第四戦、こちらは、今川軍が勝手にEXを出し、規定により織田軍の勝利に。
 最終第5戦が、やっと、桶狭間っぽく。初手で今川の攻撃でCA2となり、織田軍が初の反撃!結果はEXで、規定により織田軍の勝利に。
DSCN4097
 こんなネタゲーなのに、二人ともスマホを取り出し、パチパチ!(ネタゲーだからか??)「本日の田楽(狭間)料理」とか言って、インスタに上げないことを祈っています(笑い)。
DSCN4094

 到着して、集まりを待っていたところ、千葉会へ参加のゆいしかさんが「見学」に来まして。せっかくなので、「KOMET!」(Bonsai Games)をインストプレイしました。登場兵力は、基本シナリオのMe109G×4とP47D×4です。

DSCN4068
  第1ターン、両軍は慎重に前進します。と、Me109Gの01号機が高速機動を掛け、P47Dに側面射撃を見舞いますが、防弾装備に弾かれ、損傷なし。
T1 01号機の先制射撃
 第2ターン、ここから、両軍入り乱れての乱戦になります。ここで気を吐いたのが、先制射撃を行ったMe109Gの01号機。猛烈な機動で、P47D04号機を追いかけ、これを損傷させます。
T2 01号機が、P47の4号機を損傷させる
 さらに、援護に入った03号機の側面を捕らえ、一発で撃墜!「エースだ、あいつはエースだ!」
T2 01号機が敵機3号機を撃墜!
 アメリカ軍も度々、射撃を行うもののdrに背かれ、1機を損傷させるのがやっと。
 第3ターン、にっくきMe109G01号機に対し、損傷した04号機が決死の機動で後方をとり、やっと損傷させます。
T3 にっくき01号機を損傷させる
 アメリカ軍は本来の射撃の優秀性(高火力+1)を取り戻すと、第4ターンに次々とヒットを与えます。後半にドイツ軍の3機目を撃墜し、ジ・エンド。Me109Gの01号機にかなり苦労させられましたが、チーム戦でどうにか勝利できました。
終了時
 その後、休憩中の空き時間を利用して、追加シナリオ「バトル・オブ・ブリテン」をソロプレイ(!)しまして。
 シナリオ1は、Me109Eに護衛されたHe111を盤端に突破させるシナリオで、Spitfire3機がこれを迎撃します。
 左端を駆け抜けようとするHe111をスピットファイア2機が追いかけ、1機を撃墜。怒り心頭のドイツ軍は、護衛のMe109がスピットを追いかけ、再三、攻撃をかけますが、機動チット「ブレーク」等で損傷させるのがやっと。
ブレークで躱す!
  が、もう一機のHe111がエンジン全開で駆け抜けて、突破に成功。これによって引き分けとなりました。
He111の後方に回り込むも・・
 シナリオ2は、鈍足のJu97を損傷したSpitfireが迎え撃つというもの。Spitfireは速度が落ちていて、チャンスはわずかしかありませんでしたが、幸運にも突破直前に後方にぴたりと付け、一斉射撃。見事、撃墜を出し、RAFの勝利となりました。
DSCN4082
 これで「KOMET!」はヴァリアントも制覇できました。
 う~む、例会場でソロプレイなんてと思っていましたが、頭の切り替えには、けっこうイケることがわかりました。今度、ちはら会でコロナ対策として「全員ソロプレイ例会」でも行きましょうか?!(ウソ)

 都内とその周辺でコロナの感染者が広がる中、いつ、また、「国境」封鎖となるかわからないと、7月の茨城会に行ってきました。久しぶりの土浦は梅雨末期の大雨でしたが、そこそこ、広い会場に、密にならない人数で、対戦が組まれていました。
 巨大なファンタジーボードゲーム「グルームヘイブン」(アークライト)を、sinyamagさん以下4名が終日、エンジョイし。こまいふさんは、Sさんと「国境封鎖」ならぬ「ベルリン封鎖」の「Twilight Strangle」(クロノノーツ)を対戦。水戸爺さんとにしさんはCMJ誌最新作の「耳川の戦い」をプレイしていました。

全景
 自分は9時半頃に到着できたので、ゆいしかさんと「KOMET!」(Bonsai Games)のインストプレイをし。その後、午後にやってきたstr会長とネタゲーム三昧で、なんと8アイテムで24戦という、mitsu史上最多の茨城会レコードに!(うち、2戦は休憩中のソロプレイ!)
  この日にプレイしたアイテムと戦績です。


茶筅髷双六(WGJ)3戦
 ★mitsu(稲生の戦い)・★水戸爺(道三会見)・★ゆいしか(土田御前に愛される)
 ★mitsu(道三会見)・★水戸爺(濃姫婚礼)・★ゆいしか(土田御前に愛される)
 ☆ゆいしか(天下人)・★水戸爺(萱津の戦い)・★mitsu(赤塚の戦い)
萱津合戦(CMJ)2戦
 ★那古野勢(str)対清洲勢(mitsu)☆
 ★那古野勢(mitsu)対清洲勢(str)☆
浮野の戦い(CMJ)3戦
 ☆信賢陣営(str)対信長陣営(mitsu)★
 ☆信賢陣営(str)対信長陣営(mitsu)★
 ★信賢陣営(mitsu)対信長陣営(str)☆
戦略級:桶狭間の戦い(CMJ)8戦
 ☆今川陣営(こまいふ)対織田陣営(mitsu)★
 ☆今川陣営(mitsu)対織田陣営(こまいふ)★
 ★今川陣営(こまいふ)対織田陣営(mitsu)☆ 
 ☆今川陣営(str)対織田陣営(mitsu)★
 ☆今川陣営(str)対織田陣営(mitsu)★
 ☆今川陣営(mitsu)対織田陣営(str)★
   ★今川陣営(mitsu)対織田陣営(str)☆
   ★今川陣営(mitsu)対織田陣営(str)☆
桶狭間合戦(WGJ)3戦
 ☆織田陣営(str)対今川陣営(mitsu)★
 ★織田陣営(str)対今川陣営(mitsu)☆
 ☆織田陣営(mitsu)対今川陣営(str)★
戦国☆ロワイヤル(同人)
 ☆武田(mitsu)・今川(水戸爺)・北条(ゆいしか)
神風伝説(6A)インストプレイ
 ★蒙古・高麗軍(mitsu)対御家人側(str)☆ 
KOMET(Bonsai Games)3戦
 基本シナリオ ★ドイツ軍(ゆいしか)対アメリカ軍(mitsu)☆
 バトル・オブ・ブリテンS1 ★ドイツ軍対イギリス軍☆(ソロ)
 バトル・オブ・ブリテンS2 ☆ドイツ軍対イギリス軍★(ソロ)★


 イメージは、最近、str会長がソロプレイを始めたという「神風伝説」(6A)。途中までのお試しのインストでしたが、兵力の集中が大切なはずと蒙古・高麗軍が2カ所に密集上陸をしたところ、指揮範囲の狭い御家人側の集中も許してしまい、早々に「サレルノ橋頭堡」になってしまいました。考えてみれば、蒙古軍の方が指揮系統がしっかりしていて広範囲なので、分散上陸が吉のようです。

DSCN4124
 最後に会食にお誘いをいただきましたが、仕事でコロナ感染対策をお願いする立場上、残念ながら辞退いたしました(それにしても、地方公務員が気を遣っているのに、中央の方々は会食に励んでいるようで。いつからこうなった?!)。また、いつか、みなさんと楽しい会ができますように。

 今月のソロプレイ第8弾は、マイブームの戦国時代アイテムから「信長軍記」(WGJ)です。若き信長の尾張統一キャンペーンで、信秀から家督を継いだ1552年から桶狭間合戦の翌年の1561年までの期間を扱います。

T0
 シークエンスは、動員-行動-帰還となっていて、生産を含む戦役級です。信長陣営と反信長陣営は、動員表でdrしてユニットを動員するか、2動員ポイントを消費して1銭(活動資金)を獲得します。熱田と津島を抑えていた信長陣営は、さらに威信点分の銭を追加で得られます。
 行動では、移動・合戦・包囲(攻城戦)・調略があり、銭が多い側から、いずれかを実施できます。銭の差が大きいと、一方的に先んじることができるシステムです。
 移動は、スタック数で許容移動力が異なり、大軍ほど動きづらくなっています。敵と同じへクスにいる場合は、2倍以上のユニットを残さないと、移動ができません。(そこに城がある場合は、包囲をすれば自由に移動できる)。
 戦闘は通常の戦闘比で、城のレベル分、防御側に有利なシフトをします。信長陣営は特別ルールで、最大2シフトができる親衛隊(赤母衣、黒母衣)とdrを必ず「6」にできる信長参戦効果があります。
 調略は銭1を消費して、中立武将をいずれかの陣営へ調略するか、「裏返し」にします。文字通り、ユニットを裏返し動静を決めるもので、それまで自陣営だったユニットが中立に戻ったり、寝返ったり、あるいは中立から自陣営になったりします。となると、銭がある信長陣営に有利かと思われがちですが、実は中立武将のほとんどが、反信長です。つまり、信長陣営は敵対する中立武将を味方にするのは難しく、中立にするのがやっとという展開になります。
 ターンの終わりに帰還があり、自陣営の城レベル分までのユニットをユニットを撤収させます。これを越える分は、保管ボックスに置かれ、再動員をしなければなりません。つまり、大兵力を動員したのはよいが、城を攻略できないと、全て解散となります。
 どのくらいの兵力を動員して、どのような行動を取らせるか(銭を投入できるようにするか)、バランス感覚が問われます。
 今回は、数回の演習の後、エラッタと改訂ルールを適用してのプレイとします。
 第1ターン、両陣営は動員ポイントを全て銭にして、行動に向けます。先手の信長陣営は、信頼の置ける譜代衆織田信光を、無人の勝幡城に移動させ、威信点を1つ上昇させます。
 反織田陣営は、今川軍2ユニットを無人の大高城に向かわせますが、織田陣営はすかさず、1ユニットを投入し、自動占拠を阻みます。反織田陣営はさらに2ユニットを増援に送ると、織田陣営ユニット攻撃し、これを後退させて大高城を占領します。
T1 勝幡占拠、大高城攻略
 と、ここで織田陣営はとっておきの調略で、敵対する中立武将山口父子を味方に引き入れます。これにより、銭獲得の基準になる織田陣営の威信点は5となります。
 第2ターン、このターンも同じく、全て銭へ転換しますが、威信点上昇により、織田陣営の銭は7と差が開きます。
 一方的に3手番ができることを利用し、織田陣営は末森城の織田信行を囲み、これを降参させます。また、数少ない味方の犬山城の織田信清に、調略をしかけます。
  やっと動けるようになった今川軍は、尾張南部の敵拠点小河城を囲みますが、織田軍はカウンターで大高城を包囲します。包囲戦の結果、両城とも陥落します。相対的に織田陣営の威信が1上昇したことになります。
T2 大高城奪取
 第3ターン、このターンの銭は反織田陣営4:織田陣営8と、さらに開きが出ます。この差を利用して織田陣営は敵に落とされた小河城を強襲し、信長参戦効果(drを必ず「6」にできる)で守備隊を降伏させます。
T3 小河城強襲
 このままではジリ貧の反織田陣営は、清洲城の3武将を調略し、さらに末森城の信行を中立に戻してしまいます。織田陣営は、犬山の織田信清を味方に付けると、鳴海城の山口父子を攻めますが、包囲の結果、墜ちず。
T3 離反した山口勢を包囲
 第4ターン、反織田陣営待望の甲相駿三国同盟が発生し、次ターンから動員ポイントが14と大幅にアップすることに。
 その前に少しでも有利な体勢を築きたい織田陣営は、離反した織田信行を降伏させ、さらに鳴海城の山口父子を強襲で撃破します。
T4 末森城攻め
 反織田陣営は、今川軍で再び大高城を包囲し、これを陥落させます。織田陣営は、残った最大の中立武将織田三位の清洲城を囲むも、陥落させられず。
 第5ターン、増加した動員ポイントを使って、反織田陣営は今川軍を増強します。
 この大軍が動き出す前にと、織田陣営は信長本隊で大高城を強襲し、1ヒットを与えます。これは危ないと今川軍1ユニットを緊急増援しますが、織田陣営の二度目の強襲により全滅し、沓掛城以外の尾張南部は信長陣営の支配下に。
 今川軍は主力を持って長躯、守山城を包囲しますが、これは墜ちず。
T5
 第6ターン、イベントで美濃の斎藤道三が息子の義龍に攻められ、敗死します。この状況を見た荒子城と鯏浦城の中立武将が反織田陣営に参戦します。清洲の三武将も躍動をはじめるのは確実に。織田陣営は、ユニットの動員を1に抑え、全てを銭に廻し、電撃的に荒子城を攻め、前田与十郎を降伏させます。
 第7ターン、一進一退の攻防が続き、今川の三河平定が近いと判断した織田陣営は、獅子身中の虫-清洲城攻めを敢行します。要衝清洲は堅かったものの、三度の強襲で遂に陥落。坂井大膳らは降伏します。
  この間に、今川軍が再び、小河城を奪還します。
T7
 第8ターン、予測通り、今川軍の三河平定が発生。次ターンに反織田陣営の動員ポイントは最大の20になります。
 今川軍は前進のための地ならしとして、調略を仕掛け、犬山の織田信行を中立に戻します。先手として、松平勢率いる5ユニットを尾張に中入れさせ、熱田の占領を狙います。動員のため銭が減っていた織田勢は後手となりましたが、熱田に進駐し、松平勢を強襲し、損害2:3でこれを撃破します。
T8 松平勢、中入れで熱田に迫るが・・・
 第9ターン、いよいよ、今川勢が本格的介入を開始します。葛山長嘉率いる4ユニットが大高城に進攻し、これを包囲します。動員可能な全ユニットを集結した信長本隊は、長躯、ここに駆け付け、葛山隊を攻撃します。3:1の強襲は、信長参戦効果でエスカレートし、敵に一方的に打撃を与えます。堪らず後退した今川軍を追撃し、降伏に追い込みます。
T9 大高城攻防戦
 第10ターン、もはや大勢は決しましたが、反織田陣営は意地を見せんと、今川義元本隊が出撃し、鳴海城を囲みます。が、織田陣営も全兵力を集結し、ここに集結します。結果、両軍のにらみ合いのまま、ゲーム終了に。反織田陣営を各個撃破し、今川軍の攻勢を押しとどめた織田陣営の勝利となりました。
T10
 信長陣営は、ゲーム開始時に確実に裏切らないユニットは信長本隊を入れてわずかに2つで、とりあえず味方だが調略で敵方に寝返るユニットが3つです。まわりは中立ながら、いつ、敵になるかわからないに溢れており。かつ、ターンが進むと、大兵力で攻勢を掛けてくる今川軍と、まさに四面楚歌の状況です。
 が、なにより貴重な銭の供給源の熱田と津島を抑えており、中立勢を屈服させ威信点を上げると、さらに銭が増える連鎖をうまく実行でき、国内の敵を各個に撃破できたことが大きかったです。今川軍のイベントも平均より遅れがちだったため、終盤の大攻勢をがっちりと受け止め、侵攻を許さなかったことが勝利に結びつきました。
 慣れるまでは、織田軍がかなり苦しいですが、ある程度、経験を積むと負けなくなります。調略やイベントによるランダム性もあり、どちらを持っても苦しい(楽しい)展開となります。今度は、ぜひ、対戦してみたいですね~。

 今月のソロプレイ第7弾は、マイブームの信長激闘アイテムから、「戦略級:桶狭間の戦い」(CMJ)です。かつてCMJ誌で、織田信長をこよなく愛するラブノブ会が「茶せんマゲ戦記」を連載していまして。若き信長の知られざる戦いを紹介やゲーム化したりしていました。
 そのうちの一つが「戦略級:桶狭間の戦い」(CMJ) です。難易度10を誇る最難関欧州キャンペーンの「第三帝国」(AH)のバリアント(!)で、今川勢による尾張侵攻を描くという体裁です。
 世界最小ゲームの謳い文句通り、マップはわずかに2へクス!しかもユニットも2つだけで、戦闘のみを行います。単なるネタなんですが、ちはら会なら戦闘証明(Combat Proven)をするしかない?!(別にしなくてもいいんですが・・・)

DSCN4057
 そのために、雑誌をスキャンして、ユニットとマップを制作。25以上ある収納ケースの底から「第三帝国」(AH)を引っ張りだし、戦闘ルールのみのサマリーを作り。ついでに津本陽の「下天は夢か」を読み直し。途中から、何のためだったか、忘れるほど(笑い)で、以下が渾身のAARです!(馬鹿ですね~)
 第1戦は、今川対織田の戦い。戦闘比は、今川軍25戦闘力に対し、織田軍は3。要塞効果で4倍の12となるため、戦闘比は2:1に。史実通りの激闘になるはずだったんですが・・・いきなり、今川軍の攻撃で織田勢が全滅(DE)。義元は予定通り、上洛を果たします。
DE
 第2戦は、今川軍の攻撃がCA2となり、織田軍に反撃の機会が訪れます。戦闘比は1:2でしたが、結果はEXで両軍とも全滅。これにより、義元の尾張入りは阻止され、織田軍の勝利に。
EX
 ただ、これは史実の桶狭間(織田軍の奇襲による完全勝利)ではない!どうせなら、そこまで行ってみたいと、第3戦に。
 ところが・・・ソロなのに、恐ろしいくらいdrが偏りまして。第三戦の今川軍のDEは順当として、第四戦から 4連続のEXで(drは全て「1」!)両軍全滅。
  第8戦に、やっと、2:1攻撃 →1:2反撃→2:1反撃→1:2反撃とそれっぽくなったのですが、最後はやっぱり、EXで両軍全滅。
 第9戦は、早々にDEで今川軍の勝利。第10戦と第11戦は、義元の攻撃の後、織田軍が反撃するもAEで敗北。10戦を越えて、いまだ、史実が起きず。こりゃ、永久運動かと思われましたが・・・。
 第12戦、ついにその時が訪れます。今川軍の攻撃が停滞し、織田軍に1:1の反撃のチャンスがやってきます。折しも桶狭間は豪雨(そんなルールはありませんが)。中島砦から山間部を縫って、義元本陣に突入した信長本隊は、見事に「東海一の弓取り」を撃破!史実通りの織田軍の完全勝利となりなした。
桶狭間!
 勝敗数は今川軍5勝に織田軍7勝と、勝利条件ではちょっとばかり信長に有利なよう。最後に、史実の完全勝利の確率計算をしてみたら1/36でして、存外、早く達成できたようです(本当は、あと、24戦以上あった?!)
 ちなみに、この手のアイテムは多分に漏れず、プレイ時間はわずか10分弱ですが、AAR制作とアップは30分でした(苦笑い)。
Z4HXRNOY

 今月のソロプレイ第6弾は、前回のオフ会でお試しをしたのですが、どうにも勝てない「茶筅髷双六」(WGJ)です。ソロが得意とは言え、STAY HOMEばかりでかなりのAARが貯まったので、掲載することにします。当然、目標は「勝つまで」プレイすること。合い言葉は「欲しがります、勝てません!」にて(笑い)。

001_size9
 まず、第1戦ですが、誕生から始まり、うつけの吉法師時代を経て、吉良大浜へ初陣、濃姫と結婚、家督相続、赤塚の戦いと、順調に進みます。が、清洲織田家の坂井大膳との戦闘で、萱津にて討ち死にしてしまいます。

R1
 まあ、初回だからと続けて2戦目に。家督相続で1年ほど揉めますが、無事に赤塚、萱津を乗り越え、舅の斎藤道三との面会に。が、ここで尾張に野心を持つ道三に捕まり、「とりあえず、殺される」羽目に。
R2
 美濃のマムシを信用したのが悪かったかと、気を取り直して3戦目に。が、こちらはもっと酷くて、濃姫との結婚の夜に、寝首をかかれて死亡。この親子、どんだけ質が悪いんだぁ~(笑い)。
R3
 4戦目は、赤塚で戦死。5戦目と8戦目は、またも濃姫に暗殺され。なんか、濃姫の性悪率が高すぎないか?!これもエ●カ様の呪いか?
yjimageEHT4BWSE
 第6戦と第7戦にいたっては、うつけ全開の吉法師にも関わらず、「土田御前の愛情を一身に受け素直に育ってしまう」と完に。う~ん、確かに伊達政宗の例もありますが、戦国武将として成功するには、母親に疎まれないとはねぇ・・・。
yjimageO0Y4HJ6D
 第9戦は、やっぱり赤塚で戦死。切りのよい第10戦は、正徳寺で、またもマムシの餌食に。ここまでおよそ、10分弱。最大でも、斎藤道三との面会までしか、進めていないゾ。
saito_dosan_thumb
 が、第11戦目に、流れが一気に変わります。あれほど苦労した道三との会見をそつなくこなすと、村木砦、稲生、信勝誅殺、浮野の戦いを一点突破し、運命の桶狭間に。史実通り、今川本陣に奇襲を掛けるも、立ち直った義元と3度に及ぶ乱戦に。dr修整は+3と不利ながら、1/3の確率で今川軍を撤退させることができたのですが・・・ああ、無念の討ち死に。
R11
 続く、第12戦も村木砦で時間がかかったものの、浮野で勝利し、二度目の桶狭間に。が、ここも2回の乱戦の後に、多勢に無勢で討ち死に。
 その後も、リプレイを続けますが、第13戦の萱津で討ち死に以外は、濃姫に2回、道三に2回、謀殺され、1回は「土田御前に愛されて」失敗。なんだか、殺されてはクローンとして蘇る、バイオハザードみたいになって来たぞ(苦笑い)。
234685_001
  第19戦と第20戦は、苦労の末、ラスボスこと桶狭間に辿り着きますが、どうしても「1/2の神話」(映画のタイトルか?!)を越えられず、敗死。
 この辺からは、ただのサイコロマシーンと化して、ひたすらダイスを振り続けます。いつもの暗殺、謀殺、討ち死にが連続し、一度だけ桶狭間に到達できたものの浮野で信清に裏切られ、やはり敗北。後半に討ち死にが多くなってくると、まあ、武将らしく死ねたからいいか(??)と、どうにも感覚が麻痺してきまして(苦笑い)。
 気がつけば、四十戦をすぎ、1時間以上、ひたすらdrをする「苦行」に。dr回数は250回を越え、このままだと腱鞘炎も危ぶまれましたが・・・(嘘)。
DSCN3623
 第43戦目(!)、遂にその時がやってきました。いつになく順調にスタートし、家督相続で4年ほど揉めましたが、無事に赤塚と萱津の戦いを通過。道三との面会は複数回に及び、裏切られるかと思いきや、村木砦を落とし、稲生の戦いで鶴の一声にて勝利します。弟信勝を逃したものの浮野できっちり片を付け、いざ、桶狭間に。
02750000040
 史実通り、一転、空がかき曇ったかと思うと、豪雨に。隙を突いて奇襲を掛けた信長勢が、今川義元を討ち取り、天下人信長へ。
R43
 いやー、長かった・・・確率的にかなり厳しいのはわかっていましたが、ここまでとは。戦いを振り返ってみると、戦場での討ち死にが20回と約半数でしたが、それに次ぐのが「濃姫に寝首をかかれた」11回(!)。道三の謀殺を含めると、1/3以上が斎藤家に殺められたわけで、どんだけ歴史が替わっていたのでしょうねぇ~。ともあれ、ミッション・インポッシブルの攻略達成です。
img_spot_27_02


HKW7QY0K
 8月の例会まで10日を切りましたので、ちはら会のお知らせです。
 それにしても、コロナの感染者は増える一方。今回も、十分な予防対策をお願いします。また、施設の使用が直前に変更になる可能性がありますので、当日のお出かけ前にモニターください。


[日時]8月1日(土)10:00-20:00
[会場]おゆみ野公民館 第2講習室
[住所]千葉市緑区おゆみ野中央2丁目7-6
[アクセス]
 京成電鉄千原線「学園前駅」または「おゆみ野駅」から徒歩10分
 または、JR鎌取駅発小湊鉄道バスでおゆみ野中央二丁目バス停降り、徒歩1分(20~30分おき)
[参加費]無料
[持ち物]ゲームとゆとりと常識


 NHK「麒麟が来る」が、8月後半から再開するようで。最後の放送が桶狭間合戦だったので、「信長軍記」(WGJ)をソロしています。信長陣営は、一見、四面楚歌ですが、資金力をバックに敵を各個撃破していきます。あとは、今川の大軍がいつ来るかに掛かっています。オフ会でプレイした「桶狭間合戦」(WGJ)と合わせて、どなたかいかがですか?

T4 清洲と大高城をともに包囲も・・・
大高城強襲
 ybsさんご推薦の「サイクロプス・アタック」(ツクダ)。ツクダにしてはプレイしやすいと思ったら、制作はORGでした。一年戦争のほとんどの戦闘を網羅しているので、ルールは多めですが、十分に遊び込まれた印象を受けます。サマリーを作っていますが、準備が間に合うか?

132d8cc6
 前回、プレイした2019年CS/日本シリーズ第2弾として、セリーグCSチームを持ち込ます。
1Stステージ 阪神タイガース 対 横浜DeNAベイスターズ
ファイナルステージ 1Stの勝者 対 読売ジャイアンツ 
 どなたか、阪神以外をお願いしたいな~。
福留
 最後に、次回以降の予定です。

9月5日(土)10:00-20:00 おゆみ野公民館 第2講習室
10月3日(土)10:00-20:00 おゆみ野公民館 第2会議室

↑このページのトップヘ